第4話 誘拐

 目を開くと、すぐ鼻先に布が見えた。

 頑丈な麻の生地。酷く狭苦しい空間の中にいて、周りは見渡す限り、布だ。

 どうやら袋詰めにされているらしい、とエイダンは気づいた。身体を横倒して折り畳んだ、不自然な姿勢で、袋に詰められ、一定のリズムで揺さぶられている。

 抱え上げられて、どこかに運ばれている最中――という事だろうか?


 だんだんと頭が回転し始めて、眠りに落ちる直前の出来事を思い出し、同時にエイダンは、焦燥に駆られた。山の中で遭難して救助されたのだとしても、普通、袋詰めにはされない。

 身動きをしようとして、エイダンは自分の胸元に、首飾りのような物がかけられているのを見つけた。


 シャムロックの葉と茎と、小豆色の布切れを組み合わせて作った、ネックレスだ。エイダンの所持品ではない。


 これは何だろう、と考えているうちに、揺さぶりが止んだ。

 と思ったら、最後に派手な衝撃が来た。地面に放り投げられたらしい。腰と肩を打ちつけて、「あいてっ」と、つい声を上げる。


「こいつ、起きとんちゃ」

「そらそうがいぜ。よう今まで寝とったもんだわ。……テレンスは? 見つかったんか?」

「なーん」


 頭上で、野太い声の会話が交わされる。

 紐で縛られていた袋の口が緩んだので、エイダンはそこから這い出ようとした。すると、袋から出した片腕を掴まれ、そのままずるずると引っ張り出される。


 地面に座り込むエイダンを取り囲んだのは、およそ二ケイドル半程の身長で、丸太のように逞しい手脚の、二足歩行の生き物だった。青緑がかった、くすんだ色の肌に、ごわついた体毛が生え、腰回りに毛皮を巻きつけている。

 顔立ちは人間に近い。ただし、鼻面が大きく発達していて、口の両端から、上向きの鋭い牙が突き出ている。部分的に、イノシシを連想させるところがあった。


 ……オークだ。

 冒険物語の挿絵や、博物学の教科書でしか、その姿を見た事はなかったが、間違いなさそうだ。


「おい、お前」

「……はい」


 エイダンを引っ張り出したオークが、声をかけてきたので、とりあえず素直に返事をする。

 そのオークも、エイダンがかけられていたのと似たような、シャムロックの葉を編んだ首飾りを身につけていた。ただ、彼の首飾りには、紫色の布が編み込まれている。


「人間か?」

「は、はい。人間です」


 まさか、エイダンがオークに見えるとも思えないが。


「人間が何故、オークの『癒やし手』のあかしを身につけている?」

「オークの……癒やし手?」

「これだ」


 エイダンの首飾りに、オークは指を突きつけた。


「その色の布は、医療知識がある者の証。俺の証を見よ。これぞ一族の戦士長、ディクスドゥを示すものである」


 シャムロックの首飾りに、染色した布を編み込む事で、それぞれの職能を表す。そんな風習が、このオーク達にはあるらしい。

 しかし、エイダンはその風習を知らなかったし、そもそもこの首飾りは、エイダンの物ではない。誰かが勝手に、彼の首にかけたのだ。

 ……テレンスの仕業だろうか。彼は今、どこにいるのだろう?


「えっと……この首飾りは、俺んじゃなぁです。どうして首にかかっとるんか、分かりません」


「なに?」

「癒やし手と違うんがけ!?」

「さらい損ちゃあ! あの場で殺しとけばかったがいけ!」


 後方から、何人かのオークが口々に、疑問と物騒な不満の声を上げるも、戦士長ディクスドゥにひと睨みされ、一斉に縮み上がる。

 ディクスドゥ以外のオークは、皆、空色の布を首飾りに編み込んでいた。ディクスドゥが戦士長という事は、空色の布はその部下の、兵卒を意味するのだろうか、とエイダンは推測する。


 兵卒達の言葉には、訛りがある。シリンガレーン山脈北西部の人々が使う言葉に近い。

 この地域は山がちで、屈強な人間が育ちやすいらしく、アンバーセットでもしばしば、この訛りを使う冒険者を見かけた。

 ディクスドゥだけ言葉遣いが異なるのは、きっと階級差があるからだろう。……オークの社会も、そう人間と変わらないらしい。


「今聞いたとおり、我々は『癒やし手』に用がある。お前は『癒やし手』ではないのか?」


 ディクスドゥが問い質す。

 静かだが、苛立ちをはらんだ声音だった。エイダンは軽く唾を飲み込んでから、回答する。


「いえっ……治癒術士ヒーラーです。多分、この首飾りをつけさせた人は……俺が治癒術士っちゅう事を、教えたかったんだと思います。オークのみなさん方に」


 咄嗟の思いつきを、一息で述べると、ディクスドゥも周囲のオーク達も、怪訝な顔をした。


「お前に首飾りを与えた『人』……とは?」

「もう一人、一緒におったんです。その人から、怪我人がおるって聞いて、青麦峠まで来たんじゃけども」

「……お前に連れがいたのは、追跡中に目撃している。テレンス・ワットモア……!」


 突如、憎々しげに、ディクスドゥはその名を口にする。

 エイダンは「知っとんさる?」と問い返そうとしたが、その前に大股で近づいてきたディクスドゥから、襟首を掴み上げられてしまった。

 地面から足が離れた。軽々と身体を持ち上げられ、息が詰まる。


「テレンスこそは、我が妹のかたき! 人間の癒やし手、お前はテレンスの仲間なのか!?」


 仲間かと言われれば一応そうだが、はいそうです、とでも答えれば、そのまま殺されそうな状況だ。というか、首が締まって何も答えられない。


「癒やし手ならば、妹を治せるかもしれんと……そう思ってここまで連れてきたが。テレンスの手先とあらば……!」


 ――治せる?


 混乱しつつも、エイダンはその言葉に反応した。

 テレンスの行方も、彼が何をやらかしたのかも、このオークに八つ当たりされている理由も、何も分からないが、とにかく、治すべき誰かが――患者が、いるらしい。


「み、ても……」


 どうにか、それだけ口にする。


「……なんだ?」

「診さしてもろうても……ええですか、妹さん……治せるかも、しれんですけん……」


 ディクスドゥが、エイダンを掴んでいた手を離した。

 地面に投げ出され、何度か咳き込んでから、エイダンはディクスドゥを見上げる。

 しばし、黙考する様子を見せた後、ディクスドゥはくるりとエイダンに背を向けた。


「ついて来い!」


 ぶっきらぼうな声がかかる。

 周囲のオーク達が、エイダンを引っ立てた。


 どうやら、今この場で殺されずには済んだようだ。エイダンは安堵の息を吐く。

 とはいえ、オークの診察など全くの未経験である。上手くいかなかったら、恐らくそこまでの命だ。

 背中の長杖は奪われていないが、先程のディクスドゥの腕力から推し量るに、正面から戦っても、到底勝てる相手ではない。この人数に囲まれていては、逃げ切るだけの自信すらない。


 この旅の出発前、きっと命までは奪われないだろう、と呑気にたかをくくっていたのを思い出す。……見込みが甘かったかもしれない。


 エイダンは再び息を吐いた。今度は嘆息である。



   ◇



 エイダンが運び込まれていたのは、木と毛皮と布を組み合わせて造られた、テントの中だった。

 外に出ると、辺りはもう夜中である。夜目が利くのか、オーク達は明かりも掲げずに、のしのし歩いて行く。


 腕を引っ張られながらついて行くのがやっとで、周囲を詳細に観察する余裕もないエイダンだったが、ここが集落になっている事は分かった。


 辺りには他にもテントが張られ、全くの暗闇ではなく、いくつかは明かりが見える。

 籠や薪を背負ったオークや、何かの作業中と見られるオークと、何度かすれ違った。「戦士長!」とディクスドゥに呼びかけ、うやうやしく頭を下げる者もいるし、エイダンを珍しそうに見つめる者もいる。


「言葉、人間のと同じなんですね」


 ふとエイダンは、自分の腕を掴んでいる、空色の首飾りのオークに話しかけた。

 オークは話しかけられた事に驚いた風だったが、思ったよりも愛想良く応じてくれる。


「ここらのオークはな。何代か前から二言語話者バイリンガルちゃ。言うても、古いオークの言葉は、もう祈りや子供の名づけの時くらいにしか使わんがよ。オークの言葉は神聖で大事なもんだが、人の言葉には文字もあるし、数も数えやすいし、正直、便利がいぜ」


「子供のオークって、おるんですか?」


 思わず、そんな質問を口にする。

 魔物モンスターという種族は、大気中や水中や、泥土の中の、魔力の淀みから生まれ出て、誕生時から成体の姿を取るものが多いと聞く。代表的なところで言えば、ゴーストやレイスなどの、アンデッド系魔物モンスターがそうだ。


「そらそうちゃ、オークを何だと思うとる」

「あ、すんません」

「まあ、おらなんぞは、古木こぼくの根から生まれたオークだがな。それでも生まれた時は、お前くらいのナリだったちゃあ。ディクスドゥ様らに名づけられ、育てられて、こぉにすくすく育ったがいぜ」

「はぁ、古木から……」


 オークは、古い木に溜まった魔力の淀みから生まれる。

 それは、教科書に書いてあったとおりだ。エイダンの身長は一.六八ケイドル。そのサイズの赤ん坊とは、なかなかのものである。


「でも、オークの女の腹から生まれるオークちゅうのも、たまーにおるがいぜ。ディクスドゥ様がそうで、大体、生まれた時は特別小さいが、ああして特別強いオークに育つちゃあ。最近は、オークの女自体が少のうなったがな。ディクスドゥ様の妹君は、この村で数少ない女がいちゃ」

「へぇー……!」


 二通りの生まれ方があるとは、知らなかった。

 言われてみれば、ディクスドゥが『妹』と呼んだのだから、今からエイダンが診療に向かう患者は、女性のオークなのだ。


「ノッバ! 余計な話をするな」


 お喋りが過ぎたらしく、ディクスドゥがこちらを振り返って叱る。

 エイダンと、ノッバと呼ばれたオークは、揃って首を竦めた。


「ここだ」


 程なく、ディクスドゥは足を止め、エイダンに前方を顎で示してみせた。

 目の前には、テントが一つ。他のテントと比べると、華やかな柄の織物が、入口に垂れ下がっている。


 ディクスドゥに続いて、エイダンはテントの中に踏み入った。

 そこに――オークが一人、横たえられていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る