第2話 風呂屋

 翌朝、陽の昇る直前の薄明かりの中、エイダンは旅人達のマーケット、蚤の市通りを目指し、荷車をいて歩いていた。


 荷車には、水の入った大樽が二つばかり乗っている。


 冒険者稼業以外にも、彼には副業があった。いや、こちらを本業と呼ぶべきか。

 今日は冒険者としての仕事が入っていないので、副業の店開きのために、早朝から準備を進めているのだ。


 近道を抜けようと、路地裏に入った所で、エイダンは前方にうずくまる人影を見つけた。

 酔っ払いだろうか、とそっと近づく。こちらには荷車があるから、このまま無理に通り抜けて、うっかり足でもいてしまったら大変だ。


「あのう……」


 声をかけた所で、気づいた。

 彼は、昨日『跳ねる仔狐亭』で見かけた、テレンスだ。


 食器で殴られて負った頭の傷は、きちんと手当てをしていないらしい。乱暴に布が巻かれただけで、布には乾いた血がこびりついている。

 うずくまって眠っているテレンスの膝の上には、本が広げられていた。

 魔術の、それも治癒術の基礎教本だ、とエイダンは驚いた。どこかで拾ったのか、古本を買ったのか、大分ぼろぼろになっている。


 テレンスが、はっと目を醒まし、飛び起きた。警戒の表情でエイダンを睨みつけ、それから、何かに気づいた様子で片眉を跳ね上げる。


「お前……昨日、『仔狐亭』で見た顔だな」

「えっ、覚えとんさる?」


 エイダンは面食らった。彼の席は、テレンスとは離れていたし、会話も交わしていないはずだが。


「やけに田舎臭え、新入りっぽい若いのがいるな、と思ったんだよ。そのくせ、綺麗なねーちゃんなんかはべらしやがって」

「はべらし……?」


 思わぬ罵倒と言いがかりに、エイダンは目を白黒させた。シェーナが聞いたら、烈火のごとく怒るに違いない。


「あの、それより、その怪我大丈夫なんですか?」

「あ? 怪我? これか。お前には関係ねえだろ」

「いんや……俺、一応治癒術士ヒーラーですけん。治せると思うんじゃけど」

「治癒術士だと?」


 頭の布に手を当てて、テレンスは問い返す。


「はい。火属性の治癒術士、エイダン・フォーリーです。丁度これから、朝の風呂屋を開くところだったけん……ああ、俺の治癒術、風呂がないと使えんのです」

「……はぁ!?」


 何から何まで意味不明、とばかりに、混乱しきってテレンスは声を上げた。



   ◇



 蚤の市通りの一角に、エイダンはすのこ板と排水用の板、といを据え、その上にテントを張った。

 水を入れた大樽を二つ、テント内に運び入れ、布で脱衣所を仕切り、入口に、番台となるカウンター代わりの木箱を置く。


 風呂屋の完成だ。


「出来ました! どうぞ」

「いや、どうぞって……」


 テレンスは胡散臭そうに、エイダンとテントを見比べた。


「薪も窯もねえ、水風呂じゃねえか」

「さっき、火の魔力を伝導させといたけん、温まっとりますよ」

「火の魔力?」


 テレンスはテントを潜り――靴を脱いで! とエイダンに注意され――樽の中の水に触れた。


「……湯になってる」

「ここに治癒術をかけて、怪我人を治しとるんです」

「待て待て、火属性つったら、普通呪術だろう? 生命力を奪う、攻撃性の高い属性のはずだ。火属性で温められた湯なんかに浸かったら、死んじまうんじゃねえか」


 魔術には様々な系統が存在するが、シルヴァミスト国内の大まかな分類では、二種に分けられる。

 鎮魂と葬送の儀式から生まれた、生命力を奪う特性を持つ『呪術』。豊穣祈願の祭祀から生まれた、生命力を活性化させる『治癒術』である。


 そして、魔術を行使するには、自然界の均衡を司る精霊の加護が必要となる。

 この精霊の加護には、地・水・火・風・光・闇の、六つの属性がある。

 治癒術の適性を持ちながら、火の加護属性を与えられた魔術士は、極めてまれだ。


「珍しいみたぁなですけど……火の治癒術なんです」


 エイダンとしては、そう答える他ない。


 テレンスは、なおもじろじろとエイダンを観察していたが、


「治癒術……治癒術か。くそ、わらにもすがりてえ気分って奴だな……」


 などと、ぼそぼそ呟いた上で、唐突に上着を脱いだ。


「ええい、入りゃいいんだな! この風呂に!」

「こっちの樽が、かけ湯です。まずかけ湯で体を洗ってから」

「ルール厳しいな! 怪我人に対して!」


 公共の場であり、しかも衛生問題が関わるのだから、仕方ない。おおむねおおらかな気性であるエイダンも、そこは治療の現場に立つ者として、妥協しかねるのだ。


 とにかく文句を言いつつも、テレンスは体を洗い終え、樽を改造して作られた湯船に身を沈めた。


「ほんなら、治癒術かけますね」


 一旦、外に出ていたエイダンは、杖を手にして再び風呂場に立った。

 故郷イニシュカ島で切り出された、ハンノキ製の長杖。魔道具マジックアイテムと呼べるような力は付与されていないが、エイダンの大事な相棒である。


 エイダンの口から、呪文が紡がれる。火の初級呪術をアレンジした、オリジナルの治癒術だ。


「……『火精の吐息フレイム・ブレス』!」


 ふわりと、周囲に湯気が立ち昇る。湯が浄化され、透明なさざ波が湯面に広がり、微かに上昇した温度から、皮膚と血流への治癒効果が発揮される。


「……? うわ!? 本当に治ってる!」


 テレンスは、頭の傷に触れて仰天した。

 杜撰ずさんな手当てのせいで、みかけていた傷が、消毒され、綺麗に塞がっている。


「よし、大体治せたかいな。痛みとかはどがぁですか?」

「ほぼ、消えた……」


 半ば呆然と、テレンスは答える。


「お前っ……本当に、風呂の治癒術士なんだな! しかも相当な腕前の……!」

「風呂じゃなぁて、火……まぁええわ。あとは、ゆっくり浸かりんさって下さい」


 風呂屋には、怪我人や病人ではない、元気な朝風呂の客も来る。開店の準備をしておかなければならない。


 エイダンが番台に戻ろうとすると、そこにテレンスが追い縋ってきた。


「待ってくれ!」

「え? あの、脱衣所の外に出るんは服着てから」

「治癒術士……エイダンっつったか? お前を見込んで頼みがある! 礼はする! 助けたい奴がいるんだよ!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る