メイク・夏休み・ユア・オウン

作者 古川 奏

109

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最高の夏休みを最高のスピードで駆け抜けろ!
まさにリアルタイムアタック! と言うわけで「夏らしいこと」を全部まとめてブッ込んだスピード感あふれまくる作品なのですが、みなさんもご存知の通りこの作者さんは天才なんですよマジで。
タイムアタックのその先には何が待っているのか、是非ともご自身の目で見ていただきたい、素晴らしい作品です。

この作品を読んだらきっと、明日は夏らしいことをしたくなるはず! さぁあなたも飛び込もう! この素晴らしい夏休みへと!

★★★ Excellent!!!

受験生にとって夏は勉強のシーズン。高校受験を控える涼太郎くんもせっせと勉強に励むべくきっちりスケジュールを組んでいました。そこに乱入してきた幼馴染の二歳年下の鈴、今日一日だけ夏休みに付き合えと涼太郎に告げます。彼女が描く夏休みとは。そして一日の終わりはどうなったのか。

さまざまな夏休み体験の最大公約数を一日で実現してしまおうという発想がスピーディーで面白いです。それぞれはよくあるベタな展開なのに、連続波状攻撃で夏のテンションが爆上がりです。

夏らしいことなんにもしてねーなー、と思った人は是非読んでみてください!

★★★ Excellent!!!

宇宙工学という夢のために進学校への受験勉強に取り組む涼太郎くんと、その夢のきっかけを作った二つ歳下の鈴ちゃんの、ぎゅっと凝縮された夏休みの一日。誰もが「ああ、楽しかったな」と思い出すことのある、暑くて楽しくてちょっとほろ苦い夏のポートレート。
一日が終わりかけた頃、鈴ちゃんがホロっとこぼすひとことが切なくて可愛い。
でもね、鈴ちゃんだってきっとあとニ、三年もすれば、涼太郎くんが焦っちゃうほど素敵な女の子になってると思う。それでまた、涼太郎くんのことを振り回してあげて欲しいな。きっとそのときは彼はまた難関大学への受験勉強で忙しいだろうけれど。

少年少女を描いた古川さんの文章は、いつもカルピスソーダのように甘くて爽やか。
そろそろ暑い夏の後半、ここ数日は雨ばかりでジトジトしているけれど、そんな湿っぽさを吹き飛ばしてくれる、青い海に流れる風のようなキラキラとした作品です。