幼馴染で義妹のカノジョと甘い生活を送りたいのに、モテキが到来して修羅場に突入しました

作者 甘粕冬夏【書籍化】通勤電車で会う女子高生

今までの甘粕先生の作品に無い挑戦的で意欲作の始まりです

  • ★★★ Excellent!!!

幼馴染の女の子にずっと片想いをしながら告白することを躊躇してきた、周囲からは少し陰の薄い高校生・名前は高峰春彦くん。

ある日その女の子から親の再婚話で引っ越し・転校するかも?と言われます。
慌てた彼は改めてなけなしの勇気を振り絞り、彼女に今の正直な気持ちを伝えます。
もう会えないかもしれない、だから後悔はしたくないからと…

女の子の名前は空野天音ちゃん。
彼女も彼と離れ離れになってしまう寂しさと、ずっと秘めていた気持ちが爆発して、彼の事がずっと好きだったと想いを伝えました。
そう、実は二人は両思いだったんです。

お互いに告白が成功したのも束の間、帰宅した彼を待ち受けていたのは突然の父親からの再婚話でした…
それも既婚済みで、今日から新しい母親とその娘さんがこれから来ると…

春「そんな話、聞いてないよ〜」
父「さぷら〜いず!」

やって来たのはついさっき両思いになったばかりの幼馴染の女の子、天音ちゃんでした…
これからは天音ちゃんが義理の妹として一つ屋根の下に暮らす事になりました。

春「マジか!?」
天「うん、マジみたい…」

『そんな漫画みたいな展開有り得る?』って思うかもしれませんが、既にお互いに告白を済ませてカレカノになった二人、一緒に生活を共にする家族でありながら、恋人同士としての同棲生活を送ることにもなるのが、この作品の推しポイントかもしれません。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー

@centurion41さんの他のおすすめレビュー 50