Ⅲ-Ⅺ

 出口を抜けたアルラーシュは、元々の目的地であったはずの目の前を流れる大河には目もくれず、後ろをあおぎ見るように振り返った。堤防と城壁を兼ねる石造りの壁の上が焔色ほむらいろになっている。

 祝祭の時とは全く種類の違う喧噪と熱気に乗って、元は布か紙だったのだろうと思われる黒く薄い何かがアルラーシュの眼前にひらひらと落ちた。


「王都が……」


 アルラーシュは無意識のうちに走り出した。

 城壁の外側に、人間一人と半分程度の幅をもつ階段があるのを見つけ、駆け上がる。ヨシノが何事か叫びながら追いかけてきた。


 階段を上りきると、熱風が直接吹きつけてきた。場所は、アルラーシュは今まで自身で足を運んだことはなかったが、王都の東端にある下町の一角であった。


 だいだい色に染め上げられた街の中を、炎に照らされて影法師のように見える大勢の住人が逃げ惑っていた。街は恐慌きょうこう状態で、河から上がってきた一行に気付く者はいない。


 ミリィが両手を自分の頬に当てて甲高い悲鳴を上げた。


「ああっ……お城が! 王子様! お城が……!」


 炎上する街の向こう、夜空の中にもうっすらと白く輝く白亜の王城。

 その中心から、紅蓮ぐれんの光が高く高く天へと伸び、その一瞬、王都中が昼間のような明るさになった。

 その光が消えるのと、城の中心から巨大な火柱が上がるのは同時だった。


 街のあちこちから悲鳴と嘆声が上がる。


「母上、父上……」


 アルラーシュは目を見開き、かすれた声で呟いて、ふらりと走り出した。


「いけません!」


 ヨシノが彼に追いすがる。


「戻ってはいけません!」


「ヨシノ! 離してくれ! 母上と父上が……」


「わかっております! しかし今は、何卒なにとぞ辛抱しんぼうを」


 ヨシノはアルラーシュを抱き込むようにして炎から遠ざけた。その彼女の腕がかつてない力強さでもってアルラーシュを締め付け、アルラーシュもまた彼女の腕を強く握りしめながら、彼女の腕に鼻をうずめた。

 ヨシノの腕の中でアルラーシュの唇が動く。お母様お父様、とよわい十六の王族が使うには相応ふさわしくない言葉であったが、ヨシノは気付かないふりをした。



 轟音とともに近くに建つ家屋から爆発するように炎が吹きあがり、元が何だったのかすらわからない大小の破片が火をまとって降り注ぐ。


 リュカは火の粉を払いながらルドルフに向かって言った。


「これヤバいですね。ルドルフ様、早いところモノちゃんを見つけないと時間切れになっちゃいますよ」


「わかっている」


 ルドルフは王都の中心、燃え上がる城の方角を見た。

 魔法にうといルドルフでも、あの王城の光が普通の炎でないことはわかる。

 ならば、モノが目指す場所もおそらく。


――モノの足はたいして速くはない。王城に着くまでに追いつける。


「アル!」


 ルドルフはヨシノに抱き留められているアルラーシュを振り返った。ミリィも彼らのそばに立っていた。


「お前達はここにいろ。俺だけで見てくる。そんなに離れていないはずだ。すぐに戻る」


 必要なことだけを伝え、走り出したが、すぐに自分を追ってくる人物に気が付いた。


「リュカ。何をしている。アルのそばにいろ」


「そうしたいのは山々やまやまですけど」


 飛ぶように駆けながら銀髪をなびかせ、リュカはルドルフに並んだ。


「王子が貴方を一人で行かせるのは心配そうだったんで」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る