家族に売られた令嬢は、奉公先で溶けるほど甘やかされています。

作者 合歓鈴

序盤から、二人の愛が伝わってきました。

  • ★★★ Excellent!!!

キャッチコピーにすごく惹かれて読み始め、まだ10話程しか到達出来ておりませんが、この感謝の気持ちを作者様にお伝えしたく、レビューを書かせて頂きます。

まずミシェルの心の声が、とてもリアリティがあって素敵です。
舞台はファンタジーで想像されるのに、その中の主人公の声にはまるで違和感がありません。
口に出す言葉と内面の感情との差に、すんなり読者が寄り添っていけます。

そこに現れたシュヴァルツ様が、見事に読み手の心を掴みとりますね。
ミシェルに対して対等に向き合う姿勢。そして無骨な優しさ。
どの言動ひとつ取っても、暖かさに満ちています。

書き方が解り易く、ある程度物語を楽しんだ経験があれば、脳内に描かれる世界は鮮やかに彩られます。
非常にワクワクしながら読み進められます。
正直、文面からこんな気持ちになったのは初めての経験でしたので、感激しました。

また続きも読みにきます。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー