喋る黒猫とうそつきの麦わら

作者 香澄 翔

第41話 うそつきの麦わら」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 時間があったので一気に読み終えました。ある程度伏線回収しきってますし、こういう細かい心理描写があったり、登場人物が濃かったりと読み応えありました。

    作者からの返信

    @satuki1さん、最後まで読んでくださってありがとうございます!!
    レビューまでいただいてしまって。楽しんでもらえたなら、それが何より嬉しいです。

    登場人物達とのやりとりは一番力をいれて書いたところです。気に入っていただけていたら、よかったです!!

    2021年10月28日 23:54

  • 初めまして。以前こちらの作品のレビューを見かけて、気になっていたので覗いてみたのですが、一気読みしてしまいました。面白かったです。香澄さんの好きな要素ばかり詰め込んだとのことですが、こちらが好きな要素もたくさんあって、宝箱を覗いているようでした。

    可愛らしいキャラたちがほのぼのとしたストーリーを展開して、けれど終わりは寂しく切ない。所々に散りばめられた意味深なセリフも考察のしがいがあって、読んでいて楽しかったです。映像作品として見てみたい……欲と個人的な好みを言うなら京都アニメーション制作のアニメで……小説としてこれだけ美しいので、映像になっても、きっと美しいと思います。

    既に書きましたが、キャラがみんな本当に可愛らしかったです。有子ちゃんこと、ありすちゃんを始めとした女性陣やミーシャはもちろん、クールに見えて年相応の反応をする謙人君や、娘を大事に想うお父さんも。そんな人々がいなくなってしまうラストは、予感してはいたけど淋しくて、ぽっかり穴が空いたような気分になりました。有子ちゃんと謙人君には、これから存分に幸せになってほしいと願うばかりです。

    色々と書き散らしてしまい、すみません。とても素敵な読書体験をさせていただき、ありがとうございました!

    作者からの返信

    葉霜深海さん、はじめまして。
    そして最後までよんでいただいて、ありがとうございますっ!

    このお話はたくさん私の好きな要素を詰め込んだお話でした
    ふしぎの国のアリスであったり、喋る黒猫であったり、そんな要素も私の好きなモチーフでした。好きなものをとにかくつめこもう。そんな風に書いたお話でしたが、そんなお話を気に入っていただいて、本当に嬉しいです。

    ふんわりとしたお話で特別なものは何もないのですが、散りばめた謎が気にかかるようには気にして書いてみました。先が気になってもらえていたら嬉しいです。

    悪人がひとりもいない優しいお話として書いていましたが、キャラ達を気に入ってもらえたらうれしいです!

    ラストもお話をよみなれている方なら想像はついたかと思いますが、たのしんでいただけていたら嬉しいです!

    レビューまでいただいてしまって、本当にありがとうございました! とても嬉しいです!

    2021年10月16日 10:34

  • 完結お疲れ様です!!

    素敵な物語でした。
    物語を通して流れる雰囲気がとても暖かくてほっこりできました。
    終盤にかけて切ない展開でしたが、最後は謙人くんとありすちゃん……もとい、有子ちゃんが幸せになれそうなエンドでホッとしました。

    とても素敵な物語をありがとうございました!!

    作者からの返信

    たうゆのさん、ありがとうございます!
    ここまで読んでいただいて嬉しいです。

    切ない展開が続きましたが、最後には暖かみを残した形でお話は終わりにしました。

    有子と謙人の二人が最後には結ばれて終わるのは決めていました。
    なので健さんとのやりとりで結婚相手のような意識をちょこちょこ入れてみたりしました。

    最後にうまくつながって、切なさを少し和らげてぬくもりを感じてもらえていたら嬉しいです。

    楽しんでいただけたなら嬉しいです。最後までおつきあいくださって、ありがとうございました!!

    2021年7月13日 00:40

  • 執筆お疲れさまでした。謙人、ありす、ミーシャを中心とした掛け合いに笑わせてもらい、ときに驚き、ときに悲しく、そして優しい物語でした。

    うその象徴を脱ぎ、現実に生きることになった有子と、旅の目的を見付け次は二人で歩むことを選んだ謙人。

    二人の人生が幸多きものであることを心より祈っています。

    切なくも優しい物語をありがとうございました。

    作者からの返信

    功野さん、ありがとうございます!

    最後は切ない終わり方にする事は決めていたので、ところどころでそんな寂しさをだしつつも、みんなでいろんなお話をして、ちょっと笑ったりどきっとしたり、そんな感じをだしつつも、全体的には楽しい感じで書きたいなぁとは思っていました。

    有子と謙人の二人。
    結びついた二人がどんな人生を歩んでいくのかはわかりませんが、幸せな形になっていくといいなぁと思って見たりします。

    ラストは少し切ないお話でしたが、楽しんでいただけたなら嬉しいです。

    2021年7月12日 22:39