喋る黒猫とうそつきの麦わら

作者 香澄 翔

第34話 夏の想い出に」への応援コメント

このエピソードを読む

  • これは…何か悲しいことが待っているようなそんな気がします。
    最後の夏、ですものね。ただの夏の終わりでも物悲しいのに最後となると切なさ倍増です。

    作者からの返信

    たうゆのさん、ありがとうございます!!

    これから楽しい夏祭りが始まります。
    最後の夏。何が待っているのか。

    もの少しで明らかになります。

    ぜひぜひこの先もお楽しみください!

    2021年7月11日 00:12

  • 晴れて恋人になれたのに、あからさまに謙人を避けるありすに、ミーシャが言うそろそろ体も言う事をきかなくなったの『そろそろ』
    健さんの、『もう勝負する時間がない』と『勝ち逃げされてしまった』、奈々子さんの真剣にそして寂しげに言う願い。

    この流れから、朽ちた祠に、最後の夏などの謎が明かされる予感がします。
    知りたい気持ちと、なんだか知ることが怖い気持ちを持ちつつ、続きをお待ちしています。

    作者からの返信

    功野さん、いつもありがとうございます!

    推測の通り、そろそろ様々な謎が解き明かされますっ。

    あと少し最後まで楽しんでいただけたら嬉しいです。

    2021年7月9日 21:45