あれ?気づいたら俺を役立たずだと言って追放したSランクパーティーが崩壊してて、逆に温かく迎え入れてくれたAランクパーティーがSランクに昇格していたんですが?

作者 taki

4,752

1,866人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

Web小説のなかで、ザマァ系、追放系としては面白い部類に入るのではないでしょうか。設定全然気にしない人、悪人(それに準ずるなにか)がぶっ飛ばされるのが好きな人なら面白いと感じると思います。

「12歳の頃には冒険者になり、もう10年以上も冒険者活動を続けている俺には、見ただけで大体そいつの才能の有無がわかる」#5話参照
自分の才能や能力は分かんないのか……違和感
膨大な知識がないと使えないディスペル?の魔法を使える。12歳で全部覚えたん?
ここらで自分の才能に気づきそうなもんだけど

ぶっちゃけここまでの無自覚系はSランクパーティーが可哀想になってくる。自分らの能力を把握出来ないまま、名声や爵位など手に入れると自分には才能がある、強いんだと勘違いするよ。人間は挫折を経験しないと傲慢になりやすいからね。結論、主人公が悪い

追記
9話を見て主人公が分からなくなる。追放されたこと忘れてない?

★★ Very Good!!

【2021/6/1時点】
大変読みやすく、一気に読めます。
1日単位の更新もとてもうれしいです。
ただ、誤字が多いのが気になりますが・・・。
【2021/7/5時点】
最近は、誤字も少なくてとても、楽しく読ませて頂いています。
更新が大変だと思いますが、頑張って頂ければと思います。
追放した冒険者たちの末路も良い感じですが、
そろそろ本編の続きが気になりますね。
評価をGood → Very Goodに変更しておきます。