国立水族館ペンギン担当

作者 九乃カナ

第28話 さようなら」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 二人の簡潔な会話がリズムよく繰り広げられていくのに、二人の心情は真逆の不簡潔なところが好対照で面白いです。
    私なんて、その逆で、心情は簡潔なのに、出てくる言葉は不簡潔、って感じです(^^;

    作者からの返信

    さようならのときは、お互いに受け入れていても
    やるせないものが残るものかもしれませんな。

    事件に巻き込まれたのは不可抗力とわかったけれど
    壮介を巻き込んでしまったことで
    後ろめたさがあるのでしょうね。
    相内さんに普段の天真爛漫さがありません。
    めずらしくしんみり。

    2021年8月8日 12:09

  • パンツの匂いかぎたいって正直に言ってくれれば、提供したのに←うけました。その後の返しの「怒ってるのってそこ?」もうけました。

    まださよならにはなりたくないですー。

    作者からの返信

    終わりそうでなかなか終わらない九乃カナの小説。
    まだ4話あります。
    伏線回収が進むはず。

    坂井令和(れいな)さんと知り合う前の小説なのに
    坂井さんに向けて書いたようなネタですな。
    パンツといえば坂井令和(れいな)さん。失礼。

    2021年8月8日 00:12

  • 細かいところはまだ不明な部分もありますが、とりあえず事件は解決。そして、相内さんともお別れの時が来てしまいましたか。

    できればこれから楽しくイチャイチャしてほしかった。
    繋がりが完全に切れたわけではないでしょうけど、かなり物理的な距離ができてしまいますね( ;∀;)

    作者からの返信

    「ペンギン」が完結してしまう。寂しいものです。
    でも、ご安心を!
    つぎはシリーズ2作目の連載が始まりますから!
    ⊂⌒~⊃。Д。)⊃ マジカ

    2021年8月8日 00:04

  • ああ、相内さんが行ってしまう。サヨナラ同姓生活( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)クスン

    まだ事件の全貌が明らかになったわけではないですけど、もう調べない。これで本当に、おしまいなのでしょうか。
    もっと二人で、事件に首を突っ込んでほしかったのに。

    作者からの返信

    まだ4話ありますからね、まだわかりません。
    ここから急展開が?
    あったりなかったり。たぶんちょっとだけあります。

    2021年8月8日 00:01