第1話 『転生:11』

夜になる。


俺は夕食、入浴を済ませ勉学に取り掛かっていた。

これでも進学校に在籍している訳で、勉強のルーティーンというのは出来上がっている。


その日の復習、予習を終わらせた後に受験勉強にシフトした。


一応、俺の志望大学は偏差値65付近の私立大学。

先生からはもう少し上を目指せと言われたが、俺はそれで良い。


”ピロリン”とスマホが鳴る。

どうやらLI○Eの様だ。


瀬奈『みんな、日曜暇なら試合見に来てねー!』


俺『それって、一般の生徒も見に行って良いのか?』


吏優『うん、大丈夫ー。瀬奈がやっぱ日曜は舞桜と会いたいからって五月蝿くて…』


聖汰『これって俺達は行くべきなのか悩ましいな笑』


大翔『俺は行くぜ!めいいっぱい応援する!』


瀬奈『うんうん。頑張るから期待しててね!』


俺『因みに、試合は何時からなんだ?』


吏優『10時から。ウチらの高校の体育館』


俺『了解』


魅來『ごめん、私その日は予定あって……』


瀬奈『そっかー、でも用事あるなら仕方無し!無理して来なくても大丈夫!』



うし、ここら辺で会話は切り上げるか。

俺は再び机に向かいペンを動かし始めた。



日曜。

午前9時。俺はメンバー達と学校前で集まる約束をしていた。

俺と瀬奈、続いて吏優や聖汰、大翔がやってくる。


「はぁ……はぁ……ギリギリ…間に合った……」


「大翔ギリギリじゃん。まぁ、間に合ってるから良いけど」


「そうだぞ大翔。常に余裕を持って行動しないと男が廃るぜ?」


「そうだな……わりぃ…へへ」


一種のメッセージを大翔に送ったが、どうやら伝わったらしいな。


「………ん、雨降ってきた」


瀬奈が空を見上げながら言った。

空はどんよりとしており、日差しも地上には届いていなかった。


「体育館、入ろっか」



体育館に入り、瀬奈と吏優は部活のメンバーと合流する為別れた。

俺達3人は上から観戦する。


それぞれのチームが軽いアップを済ませ、試合まで残り10分となった。


「………なぁ、舞桜。今聞くべき事じゃないってのは重々承知の上だが魅來の用事、何か知ってるか?」


「いや、何も知らないけど」


「……そっか。オレも知らないけどさ、なんだか金曜の魅來は顔色があまり良くなかったんだよ」


魅來にだって機嫌の善し悪しはあるだろう。

しかし、そんな事を聖汰は俺に言いたいのでは無い。


「………魅來の用事が、何か心配なのか?聖汰は」


「そうだな……。あまり良い用事では無いと思ってる」



曇り空、生憎の天気の中。


試合開始のホイッスルが鳴った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

魔王くんはリア充男子高校生になりました、まる さきのん @sakinon2004

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画