君と私、二人の放課後

黒メガネ

秘密の関係

 シトシトと降る雨が窓を濡らす。灰色の分厚い雨雲から絶え間なく降る雨を見て、ほぅ、とため息をつきながら職員室の扉を開けた。

 抱えたクラス全員分のノートを重いと思いながら、担任の先生の机に。ちょうどサッカー部の練習でも指導しに行っているらしく、先生はいなかった。パソコンの横にノートを積み重ねて教室に戻る。

 さすがに、校庭に運動部の姿はない。今日は体育館の近くなど、雨をしのげる場所で練習してるか、もう帰っちゃったんだろうな。これはどこの部だろうか、運動の回数を数えていると思われるかけ声が聞こえてくる。

 吹奏楽部の練習演奏が響く校内で、私はふと立ち止まった。窓に手を当て、揺らめく水たまりをぼんやりと見つめる。


――好きな人が、別の人と付き合っている。


 そのことに気づいたのは、偶然だった。先日、密かに想い続けていたあの人が、たまたま手を繋いで帰っているところを見てしまったのだ。

 それからは、私の世界は急に色が変わってしまった。ちょうど、この大空に広がる雨雲のような灰色に。

 いい加減、現実を認めよう。私とあの人が結ばれることはない。この恋は忘れてしまおう。

 それだけ、たったそれだけのことなのに。ただ忘れるだけの簡単なことだというのに、どうしてもそれが出来ない。嗚呼、こんなに想ってしまうほど時間が過ぎてしまったのか。

 窓から離れ、教室に戻ってくる。さっさと帰ろう。帰って、布団を被ってゆっくり眠ろう。なにもかも忘れて楽になってしまおう。

 そう考え、扉を開けた。


「――え?」


 人がいた。私の席の隣で、腕を交差させて顔を隠すように机に突っ伏している。

 どうして、彼女がいるのだろう。ノートを職員室に運ぶとき、教室には誰もいなかった。それに、彼女は彼氏と一緒に帰ったはずなのに。

 彼女は――は、ゆっくりと顔を上げた。モデルのように綺麗な顔には一筋の涙の跡があり、その目は赤く充血していた。


「……佐藤さん?」


 名字を呼ばれ、ドキッとした。彼女は、目元を拭うと照れくさそうに笑う。


「あはは……恥ずかしいところ見せちゃったね」

「桜井さんは……どうして教室に?」

「ごめん、鍵、閉める?」

「いや、そういうんじゃないけど……」

「ねぇ、もし時間あるならお話ししない? お菓子もあるから」


 彼女――桜井さんは自分の隣の席である、私の席をポンポンと叩いた。不思議と、私はそこへと吸い込まれるように移動して席に座る。

 桜井さんは机にお菓子を広げると、はにかむように呟いた。


「逃げて来ちゃったんだ」

「逃げた? 誰から?」

「仁科くん。私と彼じゃ、いろいろと合わなかったみたいだからさ」


 仁科くんといえば、桜井さんと付き合っているクラスの男の子だ。でも、多分周りにそういうこと話していなかったから、知らなかった体を装う。私が知ったのは偶然だったしね。


「仁科くんと付き合ってたの? 知らなかった」

「言ってないもんね。でも、今思うとそれで正解だよ」


 桜井さんは、お菓子を一つ食べた。雨が窓に当たる音と、彼女の咀嚼音が教室で静かに鳴る。


「私、頑張って仁科くんを愛そうとした。好きになろうとしたよ。でも、ダメだった」

「ダメだった?」

「うん。私は愛されてなかった。愛を受け取ってもらえなかった。結局は、体目当てだったんだって気づいたよ」

「っ! それ……」

「部屋に連れ込まれそうになって……それで逃げたの。家にも帰れないから、仕方なく教室に」


 ひどい。桜井さんが泣くわけだ。そんなにも辛い思いをしていたなんて、聞いてる私まで悲しくなってくる。

 視線が窓の外に向けられた。段々と小ぶりになっていく雨を見て、何が面白いのか桜井さんが笑った。

 今度は私のほうへと顔を近づけてくる。目と鼻の先に桜井さんの顔があり、今にも鼻先が触れあいそうになった。


「ねえ。佐藤さんって私のこと好きでしょ?」

「ふぇ? ふええええぇぇ!?」


 素っ頓狂な声を出してしまう。図星だった。私が桜井さんを好きでいること、知られてたんだ。恥ずかしい。

 多分、頬が真っ赤になっていることだろう。思わず両手で顔を隠すが、桜井さんが私の両手を掴んで顔を覗き込んでくる。


「見てたら分かるよ。よく視線を感じるもん」

「あうぅ……それは……」

「好きなんでしょ? ……ならさ、いけないことしてみない?」


 言葉の真意を確かめようとする。でも、その前に唇に柔らかいものが押し当てられた。閉じた口を押し開くように、温かなものが侵入してくる。

 頭の中が真っ白になった。「キス」されたのだと理解するまでに、数秒の時間を要する。


「ななななな、なにを!?」

「……あ」


 思わず顔を離してしまう。桜井さんも、顔を背けてもう一度窓の外を眺めてしまう。

 ただ、なんだろう。顔を背けた一瞬、桜井さんの泣き出しそうな顔が気になって仕方ない。


「もしかして、泣いてるの?」

「……っ! やっぱり分かっちゃうか」


 私に向けられた笑顔は、涙混じりのものだった。頬を伝い流れ落ちる涙が、今まさに降っている雨と重なる。


「ごめん。佐藤さんなら優しいから、私を愛してくれると思った。本当にごめんね。こんな、つけいるようなこと……」

「それ、は……」

「こんなずるい女だから、お父さんもお母さんも私から離れていくんだ。私は、ずっと一人で……!?」


 自分でもどうしてか分からない。でも、気がつくと私は桜井さんの口を塞いでいた。二度目のキスは、先ほどとは違って桜井さんをもっと感じることが出来た。甘く、優しいシャンプーの香りがほのかに漂う。

 口を離し、まっすぐ見つめる。涙でしょっぱく感じた味を思い出し、自分の想いを伝える。


「なら、私もずるいね。傷ついた桜井さんの唇を奪ったんだから」

「……佐藤さぁん……」

「私を頼ってくれていいよ。私は、桜井さんのこと……」


 陽光が差してくる。いつの間にか雨はやみ、分厚い雲の隙間から温かな日差しが地上を照らしていた。教室にも差し込んでくる灯りが、彼女の目元の雫を輝かせた。


「佐藤さん。一時でも、嘘でもいい。佐藤さんは私を……詩織は私を、愛してくれる?」


 言葉は不要だった。お互いに顔を近づけ、返答の代わりにもう一度キスをする。

 放課後、教室で私たちは秘密の関係になった。でも、今時こんなの珍しくもない。相手を想い合う二人が結ばれたこと、今は祝福すべきだ。

 雲は完全に消え、空は朱色に染まっていた。この空模様が、まるで彼女の心を表しているようだなと思いながら、私たちは指を絡める。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

君と私、二人の放課後 黒メガネ @mk1016

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ