マギア・ミステリー 魔法少女殺人推理デスゲーム

作者 白柳 祈梨

53

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

魔法少女が活躍する世界。閉鎖空間の館に閉じ込められた十三人の魔法少女に、魔王が告げたのは「殺人推理ゲーム」の開始だった。

この、どこにも救いのないようなゲームの設定がとにかく秀逸でおもしろいです。本当にルールのままに少人数しか助からないのか、それとも起死回生の何かが隠されているのか。そして、理不尽な状況下でそれぞれの魔法少女たちがどう立ち回っていくのか。読んでいるうちに展開が気になって仕方なくなります。

読者への挑戦状があるのもうれしいです。伏線はさりげなく、けれどフェアに提示されており、注意深ければきっちり謎を解くことができます(自分はChapter1で盛大に間違えましたが、、)。伏線のほかにミスリードも多数設えてあり、推理が進むにつれてそれらの分岐が一つずつ潰されていくのも楽しかったです。

最後は大団円で迎えられるのか、それとも悲劇的な結末が待っているのか。物語のこれからの行方に目が離せません。

★★★ Excellent!!!

推理好きの人は絶対に読んでください!

丁寧に散りばめられた証拠の数々。
軽妙な語り口で綴られる殺人描写。
絶妙な難易度の『読者への挑戦状』!

本作には『魔法』という超常的な概念が登場しますが、しっかりとした法則に落とし込まれており、推理に組み込むことが可能です。

随所に作者の配慮が行き届いた良作。
某サイコポップな推理デスゲームを彷彿とさせる雰囲気は、好きな人にはたまらないはず。

是非、あなたも“生”と“死”、“マジカル”と“ロジカル”の交錯する“ラディカル”なミステリーに挑戦してみてください!

★★★ Excellent!!!

正義のために、弱き人のために戦う魔法少女。

魔物という、普通の人の目には見えないモンスターに抗う力を持つ。

髪の色、目の色、戦闘衣装、性格、固有魔法。
十人十色。カラフルでワンダフル。
キャラクター豊かな魔法少女が13人。

彼女らが謎の館に集められ、自由に殺し合う殺戮のデスゲームに巻き込まれます。


魔法少女が皆それぞれ持つ多彩な固有魔法。
それらを駆使して、魔物どもを蹴散らすように、力で制圧すれば良いか?
これはそんな簡単な、横暴な、野蛮なゲームではありません。

人の目を避けて、誰の仕業か分からないように殺す。
様々なルールを守り、極めて紳士的に命を蹂躙する。
他者に罪をなすり付け、自らの穢れを偽りで彩る。

そんな知的で夢のある、魔法のような非日常体験。

ひとたび殺人が起きた瞬間から、
犯人は逃れるための、村人側は生き延びるための、
捜査時間が少しだけ、与えられます。

殺し、逃げおおせた人には悪の祝福と夢の実現が、
正しい殺人者を糾弾した人には、生存の許可を与えられます。

他者を殺し、自らを守るか。
他者を尊重し、地獄を生きるか。

魔法少女としての、『正義』を試される試練。

荒地に僅かな希望を持ち寄り、信頼を築き上げるか。
心の隙間に悪を潜ませ、欲のために他者を蹴落とすか。

どちらが簡単で、どちらが険しい道のりかなんて明白。



ただ、これだけは言わせていただきましょう。

最後に生き残った人が、『正義』ですよ。
自らの『正義』を証明するために、魔法少女は挫けない。


そんなこんなで、この物語。
ミステリーファンなら垂涎の的でもある、
『読者への挑戦状』が楽しめます。

登場人物たちが自らの『正義』を証明するために、
知恵を搾った悪行を、
なんの力も持たない僕たちが、
「悪い子だねぇ」「これで隠したつもりかい?」
と、横槍を入れるイベント。
続きを読む