もう一度、会いに行ってもいいかな。

作者 白浜ましろ