君と過ごした幸せな1週間

作者 ソラノ ヒナ

65

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

『仮の保護者』の立場も理解はできます。
そして、どうすることもできない残酷な現実があることもわかります。
私も、かつて動物を家族の一員として迎えていたので。
きれいごとだけでは、ないですよね、現実問題。
思い出して思わず涙してしまいましたが、とても温かい気持ちにもなりました。
素敵な作品に出会えたことに、感謝です。

★★★ Excellent!!!

 まだまだ半人前だと自称する『僕』に、交通事故に遭った『君』を任された。
 見た目は擦り傷だけで、ものすごく元気な可愛い『君』に、『僕』は一目惚れをしてしまった。
 本当は、そんな想いを抱いてはいけないのだろうけど……。元気になったら、『君』は、連れていかれるはずだから……。
 でも……。

 この物語は、ハッピーエンドを迎えません。苦手な読者さまには、お薦めしません。きっと、そんなあなたは、泣いてしまうだろうから……。
 だけど、悲しくて、苦しくて、せつなくても読み終えてほしいとも思います。
 命のたいせつさをヒシヒシと感じられます。同時に、そこには責任が併せて生まれるということも……。

 この物語の『君』は、幸せだったんだよね。主人公に出逢えて……。