スプリングスティーン

作者 かとうなおき

18

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

いい物語(ストーリー)というのは読んでから2~3日かけて咀嚼する内に消化されていく、私にとって本作が、まさしくそれでした。

金髪ツインテのツンデレヒロインが出るわけでもなく
陰キャぼっちに幼馴染みが微笑んでくれるでもなく
隣の部屋にクール美少女が住んでて仲良くなるでもなく

そういった物語を否定する気はありません。
むしろ大好物ですらある。と言ってもよいです。

でもこの作品は違うんです。

ロックなんです。

あえて言えば僕としては

内田裕也の「ロックンロールだぜ~」
とも違うんです。

ロックなんです。

読み終えたあとの爽快感。
あぁ、これが

もしかしたら
ひょっとしたら

ロックかもしれない。

そんなロックな物語(ストーリー)を読まないなんて

全然ロックじゃない!

ロックしようぜ!!!

★★★ Excellent!!!

今の自分が面白くない、と言う人が、本当は面白いものが何かを知っている人。つまり、ロックが好きなのは本当は、ロックじゃない人だったりしますよね。音楽を通じてつながった二人。これからも二人の「面白い」ロックを追求していってほしいものです。

ちなみに四大プログレバンドは、ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、イエス、ジェネシス!