霊獣ノ巫女

作者 紺野真夜中

37

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

最初に言います。二回読みました。
もう一度言います。二回読みました。

それくらい心情描写が緻密で、登場人物それぞれの事情を理解した上で読むと物語の厚みがハンパではない――と主張するためにもう一度言いますが、たいへん味わい深く二回、読ませていただきました。


本作のヒロインであり作品のタイトルでもある巫女は、明るく柔らかな物腰が魅力的です。
この女の子(十六歳?)が、どうしたわけか偶然拾った死にかけのアラサー男に「あなたが好きです。結婚してください」とのたまった。初対面なのに。
当然ながら男は困惑しつつ、怪我人ゆえやむを得ずしばらく一緒に過ごすことになる……。


この一見まったく意味不明な導入の裏には、彼女と彼のそれぞれに抱えた事情があるのです。


レビューの題名で「地獄の底」とか言ってしまいましたが、この作品は非常に重い世界観を持っています。
瘴気に包まれた世界、その淀みの象徴のような「獣憑」と呼ばれる存在。まるで長雨の続く日々のような、じっとりと湿った重苦しさが作品全体を包んでいるようです。
それもそのはず、土台となる地面の下には瘴気の根源たる邪神が構えているのですから。

しかし対するキャラクターたちの言動は明るく楽しげで、とくに前半部分はほのぼのとした生活感すら漂います。
とくに作者の高い表現力がいかんなく発揮された、巫女の力が具現化されるシーンは一見の価値あり。一幅の絵画のような美しい光景が、まるで目の前で実際に起きているかのようでした。

明るい生活パートから一転して、終盤のどろりとした展開はまるで、花火が消えたあとの夜の闇。
次々に明らかになる事実、巫女の宿命と、怒涛の展開に呑み込まれたらもう黙って最後まで読み切るしかありません。


そして、ご安心ください。世界観こそ絶望的に重いし、暗いし、夜は果てしなく長いけれども、いつか夜明けが来る――明日がある… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

個人的に和風ファンタジーが大好物なんですが、その魅力は凛とした美しさ、透明感のある色彩だと思っています。
この作品はその魅力をしっかりとたたえ、また登場人物たちの心情、クライマックスへと駆け上がっていく感情の爆発と、それにリンクした冴え冴えとした情景描写が素敵でした。
泥水を洗い流す清流のような読後感でした。ありがとうございます。

★★★ Excellent!!!

獣と巫女と随身と――。

噛めば噛むほど、ならぬ、
読めば読むほど、色々な伏線が浮かび、
先の展開が読めない和風ファンタジー!!

鳥や狐や山犬や……。
私の好きな妖怪ものばかり♪

人間と獣の一心同体な感じや、
バトルシーンは手に汗握るぐらいに
鮮明で緻密な表現力!!

是非、一読あれ☆