パン屋の朝は早い

作者 印田文明

96

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 主人公は祖父母の代から続いているパン屋で、毎日働いている。そのパン屋に、いつもパンを買わない男がやってくる。男は髪はぼさぼさで猫背。おまけに絆創膏だらけの指で、けして衛生的に見えない。そんな男は、上下二段になっているパンの、下の段のパンだけを、舐めるように見て帰る。絶対に買わない。主人公はこの男を警戒し、不気味がっていた。
 一方、このパン屋にはかわいい常連がいた。幼い男の子と女の子だ。御遣いにはまだ早いと思われるこの子たちは、決まって同じ種類のパン二つと、毎回違ったパン一つを買っていく。同じ種類のパンの内、買っていくのは辛いカレーパンだ。大人でも辛いカレーパンは、親が食べるのだろうか。主人公はいつも不思議だった。

 果たして、男の正体は?
 そして子供たちが買うパンの秘密とは?

 ちょっと切なくて、ほっこりするミステリー。
 是非、御一読下さい。