ひねくれ領主の幸福譚 性格が悪くても辺境開拓できますうぅ!

作者 エノキスルメ

5,015

1,796人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

構想がよく考えられた作品です。また、考えさせられる事も多い作品です。言葉通りの、ひねくれ領主ではありませんでした。奴隷とは、愛情とは、民を守るとは。いろいろ考えされる作品だと思います。それに、戦争シーンの戦略、策略も面白いですが、登場するキャラが生き生きしています。

★★ Very Good!!

物語や展開はとても良かった。主人公が舐められることなく己の地位を確立していくところは見ていいて楽しい。しかし主人公の口調が引っかかる。明らかに格下の相手にすら敬語を使い、敬語をやめて欲しいといわれたものにも敬語を使う。そして部下にため語を使われている。こういったものの小説を読む者は爽快さを少なからず求めていると思う。しかし物語がとても面白くても主人公の口調がああだと舐められていると感じてしまう。過度な謙遜は嫌味というがまさにその通りだと思う。物語の展開が凄く面白いのにずっと引っかかって読むことになる。こればっかりは作者のこだわりなのかもしれないがメリハリというものをもう少し欲しい。せっかく非現実的な小説を読んでいるのがから非現実的な体感をさせて欲しい。

★★★ Excellent!!!

なろうが主体なので、余りこのサイトに注目してませんでしたが、久しぶりに徹夜して一気読みさせて頂きました。
主人公の二面性が心地よく、書籍化された際は購入したいと考えますよ。
ただ、第三者視点の話がもう少しあった方が良いかと。
そうする事で、余計な説明が省けて『あぁ、そうなのか』と驚きを与えられるので、章間に入れて頂ければ幸いです。

★★★ Excellent!!!

異世界転生でもチートでもないこんな内政ファンタジーを待っていました!
昨今の内政モノは転生人が現代知識無双していくような作品ばかりで、転生でも転移でもないこの作品がとても新鮮でした。ストーリーも重すぎず軽すぎず、非常に読みやすく仕上がっており、あまりの読みやすさに物語に引き込まれてしまい、一日がつぶれてしまいました(笑)
主人公の性格も良く、悪人ではないが善人でもない、いい意味で人間らしいキャラクターで好感を覚えました。自分が愛されるためにまず自分が領民を愛す、という考えにも強く納得でき、そう思う背景に父親との確執があるのがとても説得力を感じました。
総評をいうのならば、とても面白かったです!

★★★ Excellent!!!

このお話の要素をまとめるなら、現実的な主人公、他者視点多め、成り上がりになるでしょうか。最近よくいる、のほほんとした主人公とは違い、思慮深い主人公には非常に好感が持てます。また、読んでいて安心感があるため、落ち着いて物語に入り込むことができます。ラブコメの主人公のようなハッキリしない男が嫌いな方には是非オススメです。