新選組?困ります!

作者 ミツル

182

67人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

幕末の動乱期を、風のごとく駆け抜けていった新撰組。
彼らの生きざまとゆくすえは、いまでは広く知られるところであるのですが――もしそんな彼らが現代日本、それも自分のうちにやってきたら?

そんなところから始まる、新撰組の人々と小野田家のみなさんとの現代スローライフ。
歯医者にチャレンジする鬼の副長、現代でもこどもたちに慕われる沖田殿、おやちょっぴりロマンスも? な斎藤殿だったり。個性的な面々が、それぞれに現代日本の生活を満喫したり、ときには冷静にみつめたり。
彼らを受け入れた、小野田家のみなさんもとてもいい人たちで、ああこのままみんなそろって平和に暮らしていってほしいなあ…とつい願わずにいられません。
「新撰組ってどんな人たち? エンタメならどんなのがいい?」という問いに、こんなに楽しい作品もあるんですよとぜひオススメしたいです。

★★★ Excellent!!!

幕末。多くの若者が閉鎖した日本を憂えて、新しい時代を夢見た時代。義や志を持って散っていった多くの若者達がいた。

中には暴れたいだけの者もいたかもしれない。お金の為に戦いに身を投じた者もいただろう。

だけど、その意味は違えど、きっと、みんなが良い時代を夢見ていたんだと思う。

ミツルさんの『新選組?困ります!』は、そんな幕末から新撰組が現代の日本に来たら? というお話だ。 

黒井は読んでいて、ふと、新撰組のみんなに幕末の戦いが無意味なものだったと思われなければ良いなぁと思った。

現代における豊かさが、お馴染みの新撰組のメンバーの目にはどう映るのか?

新撰組のみんなにとって幕末が意味のある戦いであったと思ってもらえるような日本人でいたい。そんな風に思える作品。

おすすめです(*´ー`*)

★★★ Excellent!!!

近藤が、土方が、沖田が、永倉が、斉藤が、原田が、吉村が現代社会に少しずつ馴染んでいき、穏やかな日常生活を過ごすという物語です。
土方が歯医者に行ったり、(原田)左之助が運転免許を取ろうとしたりといった描写が、ほのぼのしていて楽しく読めます。
吉村はほかのメンツと比べるとマイナーですが、浅田次郎の『壬生義士伝』を読んでると大好きになる隊士なので、彼の登場も嬉しい。個人的には永倉が好きなので、もっと活躍してほしいと思ったり。