俺の家に入り浸っている腐れ縁のセフレが、彼氏と別れた日にはエロエロになって甘えて来るんだが

作者 青野 瀬樹斗

1,817

654人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

すれ違いですかね。タイトルはあれですが、登場人物を応援したくなる恋愛ものです。

話しの内容がわかりやすく、生徒会長がスパイスとなり、最後まで楽しく読めました。恋愛ものは途中や最後ダレることが多いですが、本作は全くありませんでした。
小説ならではの、なさそうでありそうなキャラクターとストーリーを楽しめました。
紹介文に惹かれたなら是非読んでください。

★★ Very Good!!

まず、ヒロインは唯の盛った猿だし、主人公も恩返しにしては自己欲求の側面が強いかなぁと感じました。
それと、第2章まで読みましたが、やはり社会的弱者の傷の舐め合いからの恋に発展と言うありがちな流れも、好みが分かれるのではないかと思います。
また、対抗ヒロインが完全に置いてけぼり。作中では対抗枠のが可愛いと言われてるし、健常だし、言っちゃ悪いがスペックも高いと思われる中で、先ほども言ったように盛った猿を選ぶことが確定しているようでは、都合に合わせすぎかなぁと思わざるを得ません。

ただ、文章は美しい!beautiful!

★★★ Excellent!!!

現在、第三章の最新話まで読了しています。
皆さんが書かれているとおり、タイトルからは想像できない素敵な純愛ストーリーです。

不器用だけど真っすぐな登場人物と、切ない事情を丁寧に描いている前半は続きが気になって終わるまで寝れなくなるくらいの中毒性があります。一方で途中からは「あ、これラブコメだったわ!」と思い出させてくれるニヤニヤが止まらないエピソードも沢山入りどっちも楽しめます。

一つだけ不安なのは第三章のタイトルが……笑

素敵な結末を迎えるよう祈りながら更新をお待ちしています。

★★★ Excellent!!!

 まず、このラブコメの系統は純愛に属します。

 次に良いところですね。この小説は上手く纏まっていると思います。1話1話の分量は多めだけど、結構リズムよく進んでいくのでシリアス要素以外では不快にさせることはほとんどないでしょう
Σd(・∀・´)
あったら、すみませんm(_ _)m

 ただ、あんまり目次は見ない方がいいかなぁ
大まかな展開は分かっちゃうし…

 でも、タイトルで判断するなよ(圧) 文章で判断しろよ(圧) タイトルはあくまで発見までの参考だからな(圧) あらすじもそうだぞ(圧)
…おっと、話が逸れました
 まぁ、とにかくタイトルのインパクト二倍以上は確実に面白いんで見てください(*ゝω・*)

 最後に期待しているところ…というか、個人的希望ですね(っ・ω・)っ
反映は全くしなくていいんですけどf(^_^)
ただ明るくじゃなくて、時々過去のことを思い出させるもしくは関わるような展開がいいですねぇ(ゲス顔)
出来れば、付き合った後も
 ただイチャイチャして甘いやつって付き合ってしばらく経ってくると、熱が覚めたように面白く感じなくなってしまいますから。時々でいいのでドタバタ展開は間に入れてほしいですね。せっかく面白い作品なんでそういった結末にはなってほしくないです。

以上で締めさせていただきます。
こんなに文章が纏まってないレビューを読んでくれてありがとうございましたm(_ _)m
参考になれば幸いです。

※このレビューは第二章完結時に投稿しています。尚、この小説は結構ヘビィな内容が含まれています。耐性のない人はご注意ください。また、タイトルに書いてあるようなキャラは一部です。全員がそうではありません。

★★★ Excellent!!!

切ないラブストーリーです。

第三者から見ればさっさと付き合っちゃえよ!って話ですが、本人達にとっては別問題で。

お互いが相手の幸せを願っていて、近いのに遠いもどかしい状態ですが、難局を乗り越えた先に見えるのは?

タイトルに騙されてはいけません。下手な作品より純愛です。

★★★ Excellent!!!

ラブコメは楽しく!清く正しくみたいにエロを避ける傾向がありそうだけど。

この物語みたいにあからさまでいいと思うんだ!主人公とヒロインの関係性からしてネチネチしてなくていい意味でサバサバしていて気持ちがいい!
明るいエロ!
いいね!
むしろエロを上手く利用してラブコメに仕上げている気さえするわ。

そう。ラブコメってこういうのでいいんだよ!

★★★ Excellent!!!

こういう歪な形の純愛もの、面白いですねぇ。

大抵こういう話では主人公のクズさの方が優ってしまうのですが、今回の主人公はカッコいいです。

付き合うにはどうしても身体の関係はついてくるもの。セフレ、という二人の歪で微妙な関係が心にきます。

主人公はどんな気持ちで彼女と一つ屋根の下で暮らしているのでしょうか。考えるだけで切ないです。