九尾の末裔なので最強を目指します【第一部】

作者 斑猫

119

43人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

現代で生きる妖怪——

目を閉じると、その光景が浮かんで来る、詳細まで拘り抜いた作品は、無料で読むには申し訳ない程に緻密に練り込まれた作品です。
投げ銭システムがあれば利用している事間違いなしです(個人の感想です)

妖怪なのだから、元は全て創作なのだろうけれど、読み終えた後には、実際にそこで生きている者達の物語なのかと—— そんな錯覚に陥ります!

お時間があれば是非!
ご覧下さい!!

★★★ Excellent!!!

 ハイティーンの妖狐、源吾郎くんが非常に可愛いです。

 潜在能力の高さは血族内でもピカイチだけど、人型となった妖狐の見目麗しさだけは遺伝しなかった…若き四半妖男子の鬱屈したコンプレックスも、重く暗い方向には走らず非常にポジティブな野望を持って、就職と云う前向きな結論に着地すると云う行動力。

 就職先で一癖も二癖もある上司や先輩に囲まれながらも、自分の未熟さを受け入れた上で努力すると云う精神の強さ。

 妖怪の世界を舞台にしているものの、この物語は多分…全ての悩める若者と、かつて悩める若者だった大人に対する応援歌なのかも知れない。

 これから源吾郎くんは、潜在能力を顕在化させて強くなるのでしょう。

 しかし私は彼に期待してしまう、どんなに強く逞しく成長しようとも…前を向いて真っ直ぐに、今のままの源吾郎くんでいて欲しいと。

 源吾郎くんに贈る言葉があるとするならば、アレイスター・クロウリーの台詞を贈呈したい。

『全ての男女はスターである』


 そしてもし私の願いが叶うのならば…源吾郎くんのフワフワな尻尾を、モフモフ且つワシャワシャとしてみたい。