31人目の私と…(140字小説)

作者 塩塚不二夫