いずれ水帝と呼ばれる少年 ~水魔法が最弱? お前たちはまだ本当の水魔法を知らない!~

作者 かたなかじ

2,686

1,042人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

水魔法が最低最弱として扱われる世界に転生した主人公。案の定家族から迫害、幽閉されるも水魔法を独学で成し自力で脱走する。
水魔法を世界に認めさせる為、ひょんな事から知り合うエルフに師事して数年の修行の後、彼は冒険者になるべく旅立った。


◇◆◇


追放モノなのにほとんどストレス感じさせず、適度に無双を加えて上手く読み手さんの心を物語に繋ぎ止めた手法に脱帽です。

まだまだ序盤で謎が多く物語としてはキャラの顔見せという感じですが、水属性の謎について色々妄想が捗ります。


なぜ水魔法が最低最弱なのか?
なぜ水魔法が最弱でなければならないのか?


コメント欄にもそのような方たちが多く、かなり過激な意見も出ていて、みんなどんだけ水魔法好きなんだ!って思わず叫びたくなりました。

そして……。

「魔法は想像力」

この言葉にピンと来る方、楽しく読める事受け合い!!