とある、夏の日。

作者 津島沙霧