スキル再生で死ぬことができない体を持つ男

作者 響ぴあの

108

37人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この物語の主人公は高すぎる再生能力のせいで死ぬことも老いることも出来ません。
いわゆる不老不死状態。
でも彼にはそれ以外の才能がなく、慎ましく暮らしています。

戦いも得意でない主人公の人助けの仕方が独特です!
強くないので高い再生能力に頼って、他人の代わりに殴られてあげることで困っている人を助けます。
なかなか斬新でした!

それと長く生き過ぎたせいか、物事への執着が薄いのもこの主人公の特徴ですね!
でもそんな彼にも心を許せる人が現れる??

短いお話の中で事件もしっかり起こって、読後感も良い作品です☆

★★★ Excellent!!!

トーヤは不死のスキル持ち。一見便利なスキルも、角度を変えて見ればデメリットだらけ。そのリアルが克明に描かれているので、トーヤに同情の念を抱きます。

悠久のときを生きるというと魔女やドラキュラを思い浮かべますが、再生スキルで生き続けるトーヤはただの人間です。
同じ人間はどれだけ仲良くなっても先立たれてしまう。
心を閉ざしながら、生きていく彼の心は、死んでいるようにも思えます。
ですが、それでも人を救うために不死の体を使い続けます。

魔王を倒して賞賛されるわけでもないし、寧ろ死なない体を不気味がられることすらあります。
それでも人のためにその身を差し出す献身。
なぜ?
その問いの先にあるのは、一人の女性からかけられた言葉なのかも知れません。

★★★ Excellent!!!

不老不死ものはよく見ますが、血糊の処理に頭を悩ませる人を見たのは初めてかもしれない。

着眼点もおもしろいし、なおかつ新しいタイプのジャンルかもしれない。
短編ながらに面白い作品です。

最強の使い方をよくわかっている。

とてもやさしく、そして温かい世界。

愛した人と死に別れ、その先で待つ新たな出会いは――

短編なのでそこまで時間は取らせません。
最強の意味を知りたい人にはぜひ読んでもらいたい美しい愛の物語です

★★★ Excellent!!!

決して傷つかず、決して死なない男・トーヤの旅物語。

不老不死なんてスキルを持つと、長すぎる人生で色々とつらい経験もする…
それでも、目の前の無二の出会いを大切にしたい。
そんなトーヤの声が聞こえるようです。
大切な出会いから、目を背けないで。
今日も強く生きていくトーヤに、大事なことを教わったような気がします。