失恋したら聖剣と魔剣を手に入れました

作者 名無しの権兵衛

4,042

1,525人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

出だしから、主人公が可哀想でならない。
魔剣と聖剣、そして馬の存在は途轍もなく大きくて。読んでいて、辛い所も多いのだが、所々で和ませてくれる。ヒロイン達もかなり良い味だしてる。
ただ只管に努力し続け成長していく主人公に好感がもてる。
主人公には、報われて欲しい。
最初とか、旅の最中とか…余りにも辛すぎるので。(ちゃんと味方はいるが!)

これからの展開も期待!

★★★ Excellent!!!

親や故郷を失った少年が復讐を胸に旅立つ王道ファンタジー。
失恋や復讐といった要素がある為、物語序盤は何かと奪われる側の主人公ですが、それでも泥臭くも死に物狂いでどん底から這い上がっていく様は見物。
そんな主人公に寄り添い導く剣が、物語の骨子も支えている。面白いです。

ずっと陰鬱な展開というわけでもなく、第二ヒロイン登場以降は潮目が変わるので暗いのは苦手って人もそこを目指して読んでみて欲しい。

★★★ Excellent!!!

主人公の人物像も明確に形成されていて、おかしなところがないのでストレスフリーでとても読みやすいです。
タイトル通り失恋する、村の人々が全員殺されるなどとても主人公は不幸ばっかりですが、それを乗り越えようと努力する様は見ものです。
主人公の幼馴染がまさに王道の英雄のように順風満帆な人生を送っていることとの主人公との対比がよくできています。
タグのかませ犬が主人公のことを指していないことを期待しています。
主人公は幸せになって、幼馴染は絶望にでも陥ってほしいところですね♪

★★★ Excellent!!!

何を願おうとして振る香り花が咲く。春祭り雨が降る。聖なる山魔なる瞳。覚えている風林火山両剣不順生きる証。
名作を彷彿とさせる設定で特筆される。当然オリジナリティーも高い。
カンストの上にカンストがある。僕は魔剣の方に惹かれます。

★★★ Excellent!!!

主人公の内面をどこまでも読者である私達と同じように等身大かつその年齢に合わせた描写で表現しているのが素晴らしいです。そして、一人の少年の心に寄り添うよう師匠ポジの存在がこの物語の土台を作り、また、基礎を作ってるようにも感じられてすごい面白いです。