哲学を超えた小屋(140字小説)

作者 塩塚不二夫