星の短編小説

作者 星埜銀杏

43

16人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ほとんどの作品が、現代社会が舞台で、若干の非現実要素が加わっているので、ローファンタジーの分類になると思う。
各話、独立で、完結しているので、どこから読んでも問題なしの短編集。

恋愛、社会風刺、SF、とテーマは様々だが、どの作品もネタのアイデアが独特で、読みながら、結末が気になる作品ばかり。
ショートショートを読む気軽さで読めるので、「そういうオチですか!」と、皆さんも私と同様に唸っていただきたい。