【勇者カカカの冒険】▶はじめから つづきから

作者 代々木夜々一

447

160人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ちょっと時間があって、面白い作品を読みたいなという時にオススメです。
異世界転移が妙にリアルで、少しずつなじんでいく主人公は、前向きで思い切りがよく、お人好しではあるものの、それが鼻につかない不思議な魅力があります。
受付嬢が無愛想だった理由、氷屋さんが初対面で何を考えていたかなど、ところどころでグッときます。
あと、道具屋がいいやつです。
ハーレムとチートにうんざりしていたら、ぜひ読んでみてほしいステキな作品で、第二部にもとても期待しています。

★★★ Excellent!!!

異世界転移物ではあるのですが、全く知らない世界ではなく、香川県の小豆島を舞台にしているところが面白いです!
ちょこちょこ小豆島ネタが出てくるので、行ってみたいなという気にさせられました。

そして、キャラクターたちが魅力的です。主人公である勇者カカカもそうですが、仲間になるチックやハウンド。彼らの正体は──。
予想外なので、この先は実際に読んで確かめて欲しいと思います。

すごく面白いのでオススメです!

★★★ Excellent!!!

これは最後に自分の元の世界を見る場面で涙腺崩壊しました。
読む方はぜひ最後まで。
淡々とした文章運びで、人情味あふれる人々(&妖獣)との交流が描かれます。
本当に悪役と呼べるのは一人しか出てきませんが、それでも主人公はどこか悪役を悪役としてバッサリいくのをためらいます。
とにかく人間味あふれる冒険譚。
また同じ作家さんのものを読みたくなる作品でした。

★★★ Excellent!!!

 勇者って、最近だと単なる職業みたいになってるけど、初期のドラクエなんかだと、勇気ある者こそが本当の勇者だ、って感じだったんですよね。
 この作品は、平凡っぽい人たちがそれでも勇気を出して、魔物とか悪行に勇敢に立ち向かっていくっていう話で、昔ながらの勇者の物語って感じで、今の流行からはちょっと外れるかもしれないけど、個人的にはすごく良いと思います。

★★★ Excellent!!!

 いわゆるVRMMOをプレイしたら異世界に転移しちゃった系です。面白いのは、元ゲームはグーグ○マップ連動で実際の地形がゲームの舞台になる設定。主人公は小豆島在住で、異世界の島に生まれ変わった小豆島を舞台に、小さなクエストを日々こなしながら住人との交流を深めていきます。
 作者自身が小豆島在住?らしく、そこから生まれる地元感がたまらない。理想の田舎暮らしの雰囲気バッチリです。冒険者で不安定だけど。主人公も元会社員のド素人で、それがド素人なりに経験を積んで、モンスターだけど仲間も出来て……という、「これならオレにも出来そう」という等身大の感覚も素晴らしいところ。
 そんな主人公もだんだん強くなってきて、強者とは言えないまでも格好が付いてくる。そこでまた大きな事件が起きて、という構成もお見事。あなたもこの作品で、スローな冒険者ライフを味わってみてはいかが?