サヨナラ、小さな罪

作者 夢月七海

37

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

健気で前向きな後輩。彼女が泣いている場面に出くわしたことから始まります。
一生懸命だけど、おっちょこちょいな彼女は周囲からきつく当たられていき、主人公は見て見ぬふりを続ける。
誰にでもある心の痛みがリアルで、我が身を振り返らされます。

ほのめかされるだけで、後輩ちゃんのきっかけが何なのかは最後まで明らかにされません。最後の笑顔も、もしかしたら主人公に気を遣っていただけかも。

何も明らかにされないけど、だからこそ読み終わった後も考えさせられる。そんなお話です。

最後の後輩ちゃんの退場シーンが、なんだか少し輝いて見えました。