第7話 三人称のメリット・デメリット

一人称とくれば三人称。そのメリットとデメリットに三人称の参考になる作品の紹介です。


 先ずメリットと言えば一人称とは違い表現の自由度が高い事。ようはハーレムやバトルなど複数の登場人物が出て、それぞれが適時主役になったり、主人公と関わる描写の時に描けやすい点。周囲を書けるので読者にも把握しやすく作者と同じ目線でまるでそこに実際の自分がモブとして登場し、主人公とヒロインを見守れる点だろうか。


 あとはだいたい主語を固有名詞で書けば視点のブレが起きていても気づかれない事もある。(応募などする作品は審査員にはたぶん看破されます)

 簡単に言うと複数キャラの描写をするのに向いている。極端に言えば三人称=作者=神視点になるので表現としては何を書こうが問題はない。そのせいもあって場のシーンを俯瞰して観てるように表現が可能で伏線を書くのが適しいるのもあり、一般的に小説とは三人称で書かれることが多い理由でもあります。


 最大のメリットはやはり自由度が高いこと。三人称一元視点といわれるものもあるぐらい、この手法を使うことにより主人公の心情がある程度掘り下げて書けるようにしながら周りの描写も書けるようにできる点だろうか。


 ではデメリットは何か。

 一人称とは逆で心情を詳しく書けないこと。これが一番大きい。物語とは主人公ないし登場人物の誰かに共感し読む事になるので、その要素となる心情がないということは、共感出来ないのだから『つまらない』となりがちな点です。


 極論を言うと「俺は悔しくて悔しくてたまらなかった」とは書く事が出来ない。「〇〇は悔しそうに体を震わせていた」となる。一人称主人公視点の「彼は悔しそうに体を震わせていた」と表現しなければならないのに似ている。


 三人称は三人称でやはり出来る表現方法に制限がある。特に心情を書けないのが最大の懸念であり、心情を書けないという事は主人公に共感して欲しいのに直接伝える手段がなく、回りくどく伝える結果になり共感を得られず評価が下がるだけではなく途中で読まれなくなる可能性が高いこと。

 そこでメリットで書いた一元視点となるのだが、これも一見三人称だが、一人称とほぼ同じになるので視点のブレや複数の視点の混在が出来やすく注意が必要。


 三人称はメリット・デメリットが背中合わせに同居しているのが特徴なのかもしれない。ちょっと油断すると読者に混乱を招くのである。


 それでは最後の三人称の参考になる作品です。同じラノベ作家で例を上げたかったのですが、生憎思い浮かべるものがありませんでした。


 私が思い浮かべたのは初めて自分から読もうと思った作品は、東野圭吾 作『白夜行』です。これは二時間ドラマだったと思うが、ラストの飛び降りシーンが小さい時だったと思うが、かなり印象に残ってた理由から購読しました。

 他にも連続ドラマや映画? にもなったかな。たぶん観た人もいると思う。

 この作品は、三人称の書き方として凄く参考になる作品だと思う。


 何が凄いのか……。


『主人公とヒロインの心情心理描写が一切ない!』


 全て他者の視点で見た二人の主人公を描写させています。普通はお互い実際は好意をどの程度思っているのかわかるように書かれてます。なのに無い。

 しかしお互い意識しあってるのはわかるし、どう思っているのかというのを想像しやすい。けど実際は、はっきりとは書かれてないので全くわからないのです。それにより読者は想像の範囲を出ないのだが、読み終えた時は人によって恋愛だったのか依存だったのかと、読者自身が折り合いをつける形になります。

 サブキャラの視点の三人称で、まさにお前が主人公だろ! と思わせるある意味、主人公の刑事から見た主人公とヒロインの偶像。

 まさに小説の醍醐味である文字から想像させて読者に考えさせる作品です。


 この作品はミステリーではあるけど、恋愛で主人公とヒロインをくっつける親友ポジションの視点でくっつける物語なんて良いんではないだろうか。

 恋敵やバトル物の敵役なんかでもとても参考になるはず。


 ここまでが一人称、三人称どちらがいいか比較とメリット、デメリットを3話かな? で語らさせてもらいました。

 どちらも一長一短あり、それぞれの特徴が全く違うので、どちらがいいのか悩むでしょう。作品を書く時は大いに悩んで下さい。



 私はどちらが好みかと問われたら、やはり基本の三人称ですね。読みなれてるので。

 けどラノベ、web小説を読みだしてからは恋愛系は一人称も良いなぁと思ってきてます。



 あなたはどちらで書かれた小説が好きですか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます