第5話 無垢。信じていたもの

 

 心のどこかで、僕は楽観していた。


 いつものように水嶋さんの病室を目指して車輪を走らせていると、その途中で依子さんに逢った。


「沙希ちゃんから聞いたよ。昨日、励ましてあげたらしいね」


 僕に向けられたその言葉に、「ん?」と僕は停止する。

 昨日? なんのことだろう、と考え出すと、


「そう願うからそうする、とか言ってたけど?」と依子さんは言った。


「ああ」あのこと、か。別に励ましたつもりはなかったんだけど。それとも、なにかに悩んでたんだろうか。と思考が進んで、はたと気付く。沙希ちゃんから聞いたって。……言ったのか? よりにもよって依子さんに?


 サーと血の気が失せた。


 振り返れば、昨日はだいぶ恥ずかしい台詞を口にしていた気がする。


 この人の性格を考えると、一生ネタにされるんじゃないだろうか。と、そんなことを考えていたのだけれど「ありがとう、って言ってたよ。おかげで勇気が持てたって」と依子さんは、水嶋さんの言葉を僕に伝えたかっただけらしい。


「ここからが大変なんだけれどね」

 と思案顔で依子さんは言う。


「大変?」

 なにかあるんだろうか。そう思い、訊ねると、


「だから」依子さんは表情を曇らせる。



「沙希ちゃんの手術のことだよ」



 それは本当に微かな、かすれたような響きだった。


 ……手術? 誰が? 水嶋さん、が?


 呆然と僕がなにも反応出来ないでいると、依子さんは怪訝な顔を僕に向けた。


「もしかして、知らなかったの?」

 不安そうに訊ねる依子さんに、僕はなにも言えなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます