【本能寺への道】明智光秀と私の憂鬱な日々

作者 雨 杜和orアメたぬき

162

57人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作者:雨杜和orアメタヌキ様の『明智光秀によろしく!』の続編作品です。
前作で戦国時代に飛ばされた嫁姑が、またもや戦国時代に吹っ飛ばされた!
舞台は本能寺の変まであと3年という戦国時代真っただ中。

私は歴史は不勉強で全然詳しくないんですが、この作品は歴史に詳しくなくてもめちゃめちゃ楽しめます。なんなら、楽しみながら歴史に詳しくなれます。
とても読み易いテンポのいい文章と、笑いをこらえきれない展開、魅力的なアメとオババの嫁姑コンビ。
と、魅力がわんさか出てくる作品です。

★★★ Excellent!!!

歴女の嫁・アメと、ラップ好きの姑・オババの二人組が戦国時代に転生し、織田信長の軍に仕える前作・「明智光秀によろしく」の続きです。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054910100910

今作も軽妙な語り口は健在!
本来なら犬猿の仲である嫁姑のアメとオババが、歴史が改変しないよう、どんな手を尽くすのか。
笑い、驚き、感心しながら二人の活躍を楽しんでください!(≧▽≦)

★★★ Excellent!!!

前作「明智光秀によろしく」から6年が経ち、あの姑とオババが戦国に帰ってきた!
前作を凌ぐ強烈な展開と明智光秀さんがすごいキャラとなっています。そして、オババ様は相変わらずフリーダムすぎる最強76歳です。
作者様の歴史に対する知識は今作でもいかされており、勉強にもなっています。

★★★ Excellent!!!

戦国時代の一般庶民Aに転移した女性・アメ。
それだけでも困るのに、以前に転移したときの元・仲間はキョーレツなサイコパス美女になっているわ、一緒に転移してきた姑は以前以上の最強キャラだわ(笑)。
そして最後に。

肝心かなめの「明智光秀」あんなことになっているううう!

相変わらずの凸凹コンビ・アメと姑オババが繰り出すカウンターパンチ(笑)。
ノックアウトされるつもりで読みに来たが、腰とひざが笑って、もう動けん(笑)。

前作をお読みになった方!
ぜひとも「アンニュイおじさま♡光秀」の正体がわかるまで、お読みください。
オババのキャラ、パワーアップです(笑)。もう史上最強になったな(笑)。

★★★ Excellent!!!

前作から、6年後の世界。
明智さんと言えば本能寺でしょ。と後押しされたアメリッシュさんの都合で、またもや転生 基 転移?させられたアメさんとオババ様。
今回は、本能寺への道を歩む前に、問題山積…。
物語はこれから、どうなるのか…。
本物の歴史。
アメさんオババ様のドタバタコメディー。
アンニュイなイケメンとの切ない恋(多分)。
盛り沢山で贅沢な「歴史ファンタジーコメディーロマンス」です^^

★★★ Excellent!!!

前編「明智光秀によろしく」では浅野家の敗れるところが、手に取るようにわかり、無事お市の方様が、信長のところに、帰る事が出来ましたが、主人公の庶民に転生したアメ様が窮地になると、奇想天外な笑いを生じさせ、窮地を乗り切ってゆくことが最大の魅力でした。
そして、光秀と入れ替わった徳川家光、どのように、アメさまとオババさまにからむのでしょうか?
楽しみです。