サキュバスネード

作者 武州人也

75

27人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

某テレビ局の午後にロードショーしていそうな映画のパロディです。
 
パワーワードにトンデモ設定の応酬なので頭を空っぽにして見ることをオススメします。
読者からしたらギャグそのものなのですが登場人物たちは真顔で真剣にサキュバスネードに立ち向かっているんだろうなあ、と想像すると余計に笑えます。
 
難しいことは考えずに小説を読みたい!という方はぜひ読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

 突如ニューヨークを襲った未曾有の危機、大量のサキュバスを含んだ巨大ハリケーンと、それに立ち向かう男たちの物語。
 混ぜるまでもなく危険物だったはずのコメディを、さらに混ぜるな危険のコメディにしてしまった恐るべき作品です。ていうか暴力。こんなの発想力を凶器にした殺人だと思います。
 緊迫しているはずのドラマチックな状況に、でも明らかに場違いな〝サキュバス〟の一語を混ぜるだけで、もういろいろどうしようもないことに。いやおそらくオマージュ元と思われる映画の時点ですでにどうしようもないのですが(サメの竜巻)、でもそのどうしようもなさをさらに上書き・倍増してくるこの発想。だって元が完全なインパクトの塊なのに、それに押し負けない出力という時点で相当な異常事態ですよ……こんなの思いついた時点でもう勝っている……。
 いや本当すごいです。おそらく『パロディ』と言っていいくらいにネタ元を連想させるタイトル(及び設定)ではあるのですが、でもその魅力や面白み自体はパロディのそれではないんです。作品外の何かに依存しない、独立した作品としての面白さ。逆に言うと『独立してるのに綺麗に被せている』という、ある意味矛盾したことを同時にやってのけているのがすでにすごい。
 お話の内容は徹底したコメディで、頭を空っぽにして楽しめます。わかりやすさと勢いがあって、その辺りは下敷きとしたモチーフ、B級サメパニック映画のそれをそのまま再現しているような趣を感じるのがとても好き。ジェットコースターのように進行していくスリリングな状況を、ただそのまま(そして細かいあれやこれやに笑いながら)楽しめばいい作品だと思うのですけれど、でも同時に意外としっかりした人間ドラマが描かれていたりするところも面白かったです。
 主人公であるメイスン・タグチの来歴や境遇、そしてそこに生じる苦悩や葛藤など。それが本編の活躍を経て解決ある… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

「シャークネード」のサメをサキュバスに変えたパロディ作品です。
コンパクトにまとまってるので、さくっと読めます。
「シャークネード」を知らない人が読んでも楽しめないと思います。
ただ、襲ってくるのがサキュバスなのに、あまりエロくなかったのが残念でした。
あと、オリジナルの「降サメ量」みたいな、パワフルなワードがどっかにあればよかったかなと思いました。