カフェ『TWO BOTTOM』でそこそこのコーヒーを。

作者 宇部 松清