雪を溶く熱

作者 薮坂

110

39人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

とても面白く読めました。青春エンタメとして高度にまとまっていて、読みやすい。おすすめ!!!
この紹介文が目に止まったなら、是非ご一読下さい。


冬の深夜に呼び出された夏月。
そこで聞かされるのは、何度も聞かされた幼馴染の恋愛模様。
三人で過ごせるタイムリミットは、どうやら後少し。
そんな時、夏月はどうおもったか。何をしたのか。

その結果はあなたが見届けて欲しいと思います。

★★★ Excellent!!!

これ、ネタバレするのでレビュー何も書けないのですけれど。
幼馴染、仲の良い三人が別れるとき。

それぞれの思い。思いをぶつけて。
すごくキューッとするんです!
途中もそうでしたけれど、最後が!

でも最後だけ読んではダメです。
初めから呼んでください。

★★★ Excellent!!!

筆致企画の参加作品です。
あっと驚く作品ばかりですが、この作品は特に驚かされました。
たとえ指が滑っても、読む前に「応援コメント○件」をクリックしてはなりません。
説明は要りません。とにかく読んで下さい。
静かながら雪を溶かす熱を秘めた物語です。

★★★ Excellent!!!

 旅立つ幼なじみを遠くから見送るという共通プロットから執筆する企画の参加作です。

 さりげなく、だけど、とても丁寧に描かれた幼なじみ『三人』の物語。

 ずっと一緒だった三人の、今までとこれから。始まりがあれば終わりがある。けれど、終わりは次の始まりでもある。すっと心に入ってくる、とてもやさしい物語です。

★★★ Excellent!!!

同じプロットから小説を書くという自主企画の参加作。

毎回直球を投げ込む作者様、今回も見事なストレートの出だしです。街を出ていくという男の最後のあいさつに、思わず再度告白しましたが、結果は無残にも再度の玉砕。遅すぎた恋心への気づきに後悔しか残りません。ファミレスで愚痴る女と二人の恋路を見守るもう一人の幼馴染。

絶妙な会話と描写でさすがの直球派、と思って読んでいたら……。

ラストで腰を抜かしてしまいました(笑)

青春恋愛もの好きな方におススメしたい、直球派も変化球派も両方をうならせるスーパーハイブリッド雪熱。必読の一作の仕上がりをご自身の目で確かめてみてください!!