誰も知らない色

作者 碧海雨優(あおみふらう)

55

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 Twitterで「生きたくないけど死にたくない人へ」という一文を見て、惹かれました。

 この一見、矛盾しているような言葉が、この物語を読み進めていく内に感覚的な肯定できました。

 作中、そして題名でも言及されている「色」が、まさに当て嵌まるのだと思います。

 「夜空は青い」と見えている人が周囲から嘲笑された時、この「生きたくないけど死にたくない人」になる気がします。

 でも実は特別でも変でもなくて、ちょっと隣近所に来た非日常くらいなものなのだ、という気持ちになる物語です。

★★★ Excellent!!!

優しく綺麗な文章で綴られた短編集です。
触れれば消えてしまうような儚さを持ちながら、その中にも芯の強さを感じます。
何気なく過ぎる日常の中で、ふと立ち止まった時に思い出すのは、この作品に綴られた言葉たちかもしれません。

全ての話を読んだ後、最後の話を読んでみてください。
今まで読んだ話の景色を一変させてくれるでしょう。
素敵な作品に巡り合うことができました。この感動をぜひ、あなたにも……