同級生を彼女にしたら、世界最古の諜報機関に勤務することになりました

作者 林海

125

47人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

作者の頭の中にはどれだけの知識があるのでしょう?(歴史、科学、数学、料理…etc)

主人公の双海くんは常人には無い嗅覚の持ち主ですが、安易にチートと呼ぶには物語が深すぎました。

高校生のラブコメかと思いきや推理・心理の頭脳戦がメインのスパイもの。
知恵熱を出しそうになりながら懸命に物語を追いかけました。
途中、時代小説も入り、その背景・歴史の絡まり具合は絶妙です。

とにかく説得力がある!

設定、人物、行動、戦略、心情
強引さはなく、ご都合に感じさせるでもなくあるべきところに着地させてしまう…
キャラクターたちの魅力も相まって最後まで一気に読み切ってしまいました。

ホントに存在してそうですよ・・・ん?誰だろう?こんな時間に

★★★ Excellent!!!

まだ途中ですがとても読み応えのあるストーリーです。

学生とスパイの二足草鞋はテンプレですが、主人公を普通(?)の高校生にすることで共感を得やすく、自然に引き込まれていきます。

ある種の超能力が出てきますが、それで無双できるというわけではなく、寧ろそれを活かした駆け引きが優れたバトルシーンを生み出していると感じました。

後学のためにも是非読み進めたい作品です。

★★★ Excellent!!!

ミステリアスなヒロインと、特殊な嗅覚を持つ主人公。

主人公が、ヒロインと関わっていくと、友達や、姉を巻き込んで物語は進んでいく。そして、諜報機関が出てきて。物語は過去に。
学園もの、からハードな展開まで変化する物語。面白いんです。