一見、悪徳に見えて、ただ小説を勧めているだけの男

作者 姫乃 只紫

68

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この作品に関してはレビューなんて求めていないのかもしれませんけどね。なんか書きたくなったので書かせてください。

姫乃さんには敵わないなというのが正直な感想です。類似の(?)作品を僕も書いているのですが、こんな面白く書けないなと思います。僕ももっと頑張らないと。作品のおすすめも面白いんですけど、エッセイもとても好きです。更新を心待ちにしております。

こんな感じでいつも通り集客力の無いレビューでした。ごめんなさいね!

2020/12/13追記:

最近よく読み返すので何か書こうかなと思った。この作品には誇張でなく泣きながらコメントを書いたことがある。それに、通し読みしてなおかつ応援コメントと返信まで見るような人は御存知のことと思うけれど、この作品は少なくとも一人の人間のリアルな生き死にをめぐる戦いが展開された”戦記”なのだ。作品全体を覚えているとは言わないけれど(大体覚えている自信はあるが)、”戦記”部分に関しては本文で何が書かれて、私が何を書いて、それに対して姫乃さんが何を返信したのかことごとく覚えている。だから記憶にはあるわけだけど、読み返して改めて凄まじいやり取りをしているなと思った。

私は先日Twitter上にある文章を上げた。実際のpvや評価なんかいらないのだという文章だった。割とすぐにフィクションだと断ったけれど、応援してくれている人の気持ちを削ぐものだったと、書いたことを後悔している。実際のところどうなのか。実際のところは、私は気が付くと指が動いてカクヨムを開いてpvや評価を目に入れてしまう人間であり、そのことに少し疲れていた。この、自分が気になって仕方がないものの先には何があるのだろうかと、ほとんど何も無いんじゃないかと、気になる分却ってそういうことを思った。

でも、それはやはり想像力が欠如しているというか、そのpvや評価の”数字”の裏側には私の作品… 続きを読む

★★★ Excellent!!!

 痺れるような言語センスで紡がれるレビュー部分は然ることながら、筆者の日々の片隅に現れたふとした問題や思案に対して、確かな知識と根拠を元手に筆者なりの答えを導き出すエッセイ部分は大変に興味深く、知的好奇心をくすぐられる事間違いなしです!様々な方面に目を向けたエッセイは更新されるのが楽しみになること間違いなし。
 
 カクヨムで活動する書き手の方々には一読の価値ありと声高々に訴えたい一作です。また、読み専の方にはおすすめ作品集に紹介されている皆様の作品(筆者の作品含む)はご一読あれ、と紹介されている一人としては多少、謙虚なアピールになりますが……どれも一癖も二癖もある作品ですので、日々のカクヨムライフのご参考にして下さいませ!

 (ここだけの話、私以外の作者様方の作品に関しては胸を張って、超面白いと断言致します)