三国志 群像譚 ~瞳の奥の天地~(旧題 文官噺)

作者 墨笑

117

44人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

題名からすると歴史好き向けの地味っぽい作品ですが、中身はそんなことありません。めっちゃ盛り上がります。
あらすじにもあるように戦闘シーンもバリバリですし、ファンタジーラノベ並みの読みやすさです。
三国志お馴染みの劉備、曹操、孫堅たちも出てきますが、その辺りの知識が全く無くても十分面白い作品です。
笑いあり、涙あり、感動あり、教訓や雑学ありで、読んでいて満たされます。
そして何より、最高の読後感。
この作者の特徴だと思いますが、部分部分の読み終わりが半端なく良い。
読み終わったら100%の人が「読んで良かった」って思える、そんな作品です。