花一華の牙-HANAICHIGE NO KIBA-

作者 なはこ

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

まず、物語の設定が理解しやすく、キャラの個性がはっきりしている為、とても読みやすいです!
日常でのコメディ要素に思わずクスリと頬を緩める文脈は、読者を置き去りにしません。

何より、それぞれ理由があって強くなろうと努力していて、みんなが一生懸命に頑張っています。
その姿は目を閉じれば瞼に浮かび上がり、応援したいと思わせます!

生来のネガティブ思考もありますが、大きなトラウマを背負って、それでも前に進もうと頑張る教師と、それぞれの理由を持って強くなろう努力する生徒の、共に成長していこうとするストーリーは目を惹かれます。

自信を持ってレビューできる作品です。

皆さんも、この物語を読んで彼らが成長していく姿を見ていきませんか?

★★★ Excellent!!!

 だと断言できます。
 特に好きなのは主人公の設定と性格がプロットとばっちり噛み合っていて痒い所に手が届く展開。こいつ大丈夫か?と思わせつつ実は有能と言うギャップで全部持っていかれます。

 能力の設定も専門用語ながら全く複雑ではなく、程良いスパイスになっていました。専門用語って扱いが難しいのでこれは巧い。戦闘描写もアクションだけでなくドラマありきでストレスなく読める。

 生徒達は序盤に一気に出てきて一瞬覚えられるか不安になりますが、全員キャラが立っているのですぐに愛着が湧きます(個人的にはキュウゴが推し)。
 ストーリーが進むごとにそれぞれの葛藤も見えて来るのがこの作品の醍醐味の一つです。
 あと会話の掛け合いがテンポ良くおもしろいし、ちょくちょく尊い(重要)。


 そしてそんな生徒達を助けつつ自らの過去とも向き合って行く、超ネガティブな先生。でも最初は仲が悪く途中から……と言うのも定石で楽しい。
 キャラクター文芸として完成されています。

 文字数も文庫本一冊くらいのボリュームですので、まだ読んでいない方はティータイムのお供に是非お薦めします。