不要不急の恋人

作者 砂村かいり

page5:黄砂の中を」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 引力を感じます。
    文字と適切な距離を保ちながら読もうとしてるのに意識だけでなく皮膚までこの世界に引っ張られる感覚です。

    作者からの返信

    真乃宮さま

    お読みくださり、ありがとうございます!
    「皮膚までこの世界に引っ張られる」ってすごい表現です。
    応援が集まると、早く続きが書きたくなりますね。頑張ります( ˆ ˆ )

    2020年5月1日 14:55

  • 不思議な感覚に陥ります。現実世界じゃない現実に浸かってるようです。私じゃない誰かの生活、こんなにも身近に感じたことはありません。続き楽しみに待ってます ◎

    作者からの返信

    ごとうのトオルさま

    ご感想いただき嬉しいです!
    ほとんど今の状況をそのまま書き綴った感じですが、リアルに感じていただけたのですね。とても励みになりました♡
    (そしてこのコメントのご利用許可マーク、しかと確認しました!感謝!)

    2020年5月1日 14:53