第二章

少女との邂逅

「風呂っていうのがあるんだなー! 本当に温かいのか……?」


 森には『大衆浴場』といわれる身体の汚れを綺麗にする場所があるという。

 昆虫たちは一部の例外を除いて、水に触れるのは禁忌だ。しかし、進化した殻人族はその弱点を克服していた。


 ──先に制服を渡しておきますので、どうせならそれに着替えてしまってください。


 受付の人はアトラスが『大衆浴場』へ向かう前に、制服とサービスとしてタオルを渡していた。

 綿などでつくられたタオルは、水分を吸いとるのに丁度良いらしい。

 アトラスは受付の人に言われた通り、『大衆浴場』へと向かう。

 そこには赤と青の二つの暖簾があったが、その意味も知らずに赤いほうの暖簾を潜り抜けた。

 更衣室という場所で汚れきった服を脱ぎ捨て、蔦で編まれた篭にそれらを放り込む。地底と比べると、蔦がかなり多くの場面で用いられていた。


「さて、入るか! 温かいのは初めてだからかなり気になるな!」


 アトラスは勢い良くそのドアを開ける。

 目の前にあったのは──


「おおっ! スゲー‼ 本当に湯気だ!」


 前が見えないくらいの大きな湯けむり。

 アトラスの棲んでいた地中では、お湯につかるという風習はなく、木の根から湧き出た水に身体を濡らすというのが一般的。

 だからこそ、温かな水につかるというものは間違いなく初めての経験だった。

 お湯のある場所までしばらく歩くと、湯けむりの中に人影があることに気がつく。

 その影は明らかに自分とは異なっており、やけに凹凸があったり丸みを帯びていたり、


「誰……?」


 その影は姿の見えないアトラスへ向けて声を投げた。その声は透き通るような声で、とても心地良い。


(ん? なんだろう……?)


 アトラスは声のするほうへ歩いていく。

 湯気の中、声が反響して影に近づいていることがわかるが、視界が曇るせいでなかなか顔までは見えない。

 しばらく歩くと、アトラスは影の正体──少女の裸を見てしまった。

 肌はきめ細かく、絹のような白色。

 体つきも殻人族の雌らしく、胸もそれなりに膨らんでいた。

 その頂きは黒い殻に覆われていて、その装甲は横腹まで繋がっている。

 湯に濡れた銀髪はどこか艶かしささえ覚えてしまうほどに、綺麗であった。瞳はエメラルドの宝石のように、ゆらりと煌めく。


「っ!? き……」


 アトラスと目があった途端、少女の身体が硬直する。顔はだんだんと赤く染まり、ぎりりと歯を食いしばるような音がして、


「き?」

「きゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ‼」


 甲高い悲鳴をあげて影の正体──銀髪の少女が身体を手で隠した。


「え? どういうこと!?」

「いつまでも、こっちを……見るなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ‼」


 これがアトラスとヒメカの初の邂逅だった。


「ああ、恥ずかしい思いをしたわ……。って、貴方! 謝罪の一言もないの!? ここは女湯よ!?」

「お、女湯……!?」

「今知ったみたいな顔をしないでくれる!?」


 アトラスは言葉に詰まる。

 何故なら、さっきの場所が女湯だということを、全くもって知らなかったからだ。

 そもそも性別によって分けられていることすら、アトラスは知らなかった。


「扉が二つあったでしょう! 青い看板があるのが男湯で赤が女湯! それぐらい知っているでしょう!? この変態‼」

「ごめん! 今日ここに来たばかりで何もかもが初めてだったんだ! 本当に知らないんだ! 覗いてしまって、悪かったとは思うけど……許してください!」


 アトラスは今の事情を全て説明して弁明を図る。

 どうやらヒメカはアトラスの初めてらしい。すなわち、初めて覗きというものをしたということだ。


「は、初めてって、うぅ……。そう、なのね……って、騙されないわよ!? それならもっと怪しいじゃない!」


 ヒメカはアトラスの意味深な言葉に顔を真っ赤にして、怒鳴る。


「え、ええと……あれ? 確かに怪しいかも」

「ちょっ、自分で納得しないでくれる!?」

「あ、はい。で、でも本当に分からなくて……」


 アトラスは顔を赤くしながら受付に渡された制服に袖を通す。

 制服は白の長袖に緑の上着、グレーのズボンまたはスカート。しかし、上の制服には丁度、横腹のあたりにスリットがあり、アトラスにとっては物珍しい。

 制服を身に纏うと、脚跡の鎧クラストアーマーが丁度飛び出すようなつくりだ。

 そして、再びヒメカへ謝った。


「さっきはごめん! 本当に知らなかったんだ!」

「それはさっきも聞いたわ。ところで貴方、えっと……」


 ヒメカはアトラスの名前が分からずに、一瞬立ち止まる。


「あ、俺はアトラス! よろしくな‼」


 そう言って、アトラスは笑顔で右手を差し出す。握手だ。

 しかしヒメカはその手をはたいて、


「ちがっ、そうじゃないわよ! 貴方……いえ、アトラスはどこから来たのよ!? どう考えても、常識外れだわ。いや、というよりも、知らなすぎるのよ……」

「えっと、それは……」


 アトラスは地面を指差した。地の深く底を。


「なっ……! ば、馬鹿じゃないの!? 地中から来たっていうの!? 貴方やっぱり……」


 ヒメカは両手で身体を守るようにして抱きしめる。


「ちょっ、本当に知らないってさっきも言ったはずだけど!?」

「今時、地中で生活する者はいないわよ。皆、この場所……『森』っていう楽園で生活してるんだから!」


 ヒメカはおぞましいものを見たかのように目を見開いていて、それでも説明を続けた。


「まあ、『森』の外から移住する人もいるけど……地中で生活するなんて人はまずいないわよ? だって、危険すぎるもの!」

「え、えっと……そうなの?」


 アトラスには惚けている様子すらない。

 ただ純粋に、『分からない』といった表情だ。


「そんな事も知らないの? あれ……? とぼけるにしても、もっとマシな嘘をつけるはず。本当に何も知らないのかしら? でもやっぱり怪しいわ……」

「そんな!」

「どうしてもって言うなら、私と決闘をしなさい! 私に勝てたら、さっきの出来事はすべて水に流してあげるわ」


 ヒメカは少し、悩んだ末にそう答えた。


「は? け、決闘……?」

「そうよ! 私たちは学校に通う者同士、私と決闘をしてどちらが本当に正しかったのか証明するの。さて、どうかしら?」

「わ、分かったよ! 決闘をすればいいんだろ‼」


 もう自棄になってアトラスは決闘を受ける。しかしその顔はもう泣きそうだ。



 ***



 アトラスと別れた後、木の陰からヒメカに決闘について尋ねた者がいた。


「ええっ!? ヒメカ様、良かったんですか!?」

「いいのよ、ヤマト。今更私も疑っている訳でもないから……。あの表情は嘘をついていないわ。当然、許すことはできないけどね」


 ヒメカは本当のところ、アトラスが嘘をついていないことに気がついていた。しかし、ヒメカはアトラスに決闘を申し込んでいる。

 ──果たしてそれは何故か。


「それじゃあ何故、決闘を申し込んだのですか!」

「それは……ぃからよ」


 今にも消え入りそうな、ほそぼそとした声でヒメカは言う。


「はい?」

「だから! 計り知れないからよ……あのアトラスと名乗った雄の実力が‼」

「……は?」

「ええ、そうよ! 私はあの悪夢を見てから強さを求め続けていたのに……。今じゃ『茨の令嬢』なんて呼び方もされているみたいじゃない?」


 茨の令嬢。

 ヒメカの二つ名だ。ヒメカが公認しているわけではないが、このときだけは自分の特徴をよく捉えられていると思った。


「えぇ? そうですかね? ヒメカ様ならばいつもの速攻で勝っていましそうですけど。なんか動きも鈍そうですし」


 ヤマトと呼ばれた雌は自分の思ったことを、そのまま述べる。

 でも、ヒメカは唇に力を入れて、


「貴女は私の甲殻武装クラストウェポンを知っているでしょう! 私のは速さと行動制限が強みなのに、あのどっしりとした態度……!」

「それが気に入ったと?」

「ええ。そのうち交尾を……って、え!? 違うわよ!? そうじゃなくて! 気に入らないのよ、あの自分の奥底を隠すような態度がっ‼ 地底、だなんて有り得ないことを言うし!」


 耳まで真っ赤にして、ヒメカは慌てている。その様子を見て、ヤマトはうんうんと頷いた。


「ふむふむ……なるほどなるほど。ヒメカ様は自分に心を開いて欲しいんですね!」

「ち、ちちち違うわよ!? どうしたらそんな発想が出てくるのよ!?」

「明らかに動揺してるじゃないですか。ヒメカ様ったら、可愛いですねー!」

「っ! はあ、もう諦めたわ……」


 ヒメカの付き添い人、ヤマトはけらけらと笑ってヒメカを温かな目で見る。そこには曇りのない、『歓喜』という感情があった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る