エピローグ 行ける彼と待つ管理人

「よ、ご苦労さん」


 気がつくと、目の前には再び管理人が足を組んで椅子に掛けていた。


「これでいいのかい?」

「上等。歪みは消えた。俺的には大オッケー」


 ふうん、と倉瀬はうなづいた。


「じゃあ俺の役目も、これで終わりだろ?」

「ああ。お前は行くべき所へ連れて行かれる」

「連れて」

「その先は俺の知ったことじゃない。無責任なんて言うなよ。高次の連中のすることなんだから、俺は手が出せない、ってことだ」

「別にいいよ。俺も気がかりは無いから」


 倉瀬はくっ、と笑った。


「あっちの女の子は? お前の『カノジョ』」

「ああ…… あいつは強い。どうにかして生きてくだろ。そういえば、あんたが今言うまで、ずっと忘れてた。……ひでぇ奴」


 全くだ、と管理人は言った。


「でもまあ、これで俺もまた、休める。物事は流れるままに、行くべき場所へ」

「あんたはどうなんだ、管理人」


 俺? と管理人は面白そうに問い返す。


「そういうこと、聞く奴も珍しいな」

「あんたも元々は俺の様な、何処かの世界の出身なんだろう?」

「まあね。でも」


 ちょい、と管理人は倉瀬を手招きする。


「俺に、触ってみな」


 突然何を言い出すんだ、とばかりに倉瀬は顔をしかめた。いいから、と管理人は彼を無理矢理近づけた。


「……え?」


 するり、と手はすりぬけた。思わず彼は管理人の顔を見上げた。その顔に手を伸ばす。栗色の長い髪に指を近づける。するり。


「どうして。だって、俺はトモミに触れられた。あんたも、その類じゃないのか?」


 いいや、と管理人は首を横に振った。


「お前に俺は触れられない。俺は生身だから」

「生身」

「そう、この空間で唯一の生身。唯一、ってとこがミソでね。代わりが来ないとね」


 いや違うな、と管理人は空をあおぐ。


「俺の居た世界の生身の奴が来ない限り、だ。前に紛れ込んだ奴が居たけど、別の所の奴だったから叩き出してやった」

「他の世界じゃ、いけないのか? だってここでたった一人なんて……」


 ばーか、と管理人は口の両端を上げた。


「そんなこと聞いてる暇があったら、次の世界への希望を少しでも考えろよ」

「え、え?」

「次に生きる場所が何処か、は結局皆自分が決めるんだよ。願えよ。次にどういう場所で生きたいのか。ほら、もうお前消えかけてる」


 あ、と倉瀬は自分の手を見る。本当だ、透けてる。


「管…… 人、……は……」


 声が。どんどん身体が、意識がおぼろげになって行くのを倉瀬は感じた。次。自分の生きたい世界。でも管理人は。


「俺の生きる世界は、俺が決める」


 最後に倉瀬の意識が感じたのは、その言葉だった。


***


 終わったな、と管理人は思った。

 ここまで自分に言わせるなよ、とも。

 自分の居た世界に近い者にはつい言ってしまう。それもこれも、歪みの原因のくせに、自分に何故か同情するからだ。

 ばーか、と管理人はその都度相手に言う。本当にそう思う。そんなこと考えるくらいなら、自分の次のことを考えろ。どうせ俺には滅多にそんなチャンス、来ないんだ…… でも。


 ゼロじゃない。


 彼は思う。


 可能性はゼロじゃない。その時には、誰でもいい。転がり込んできた奴をここに置いて、自分はあの世界に戻るんだ。

 でもとりあえず今は、その時じゃない。

 またきっと、何かあったらお呼びがかかる。

 ―――少し疲れた。


 彼は空間にその身体を沈み込ませる。


 頼むから虫達、俺の身体まで食ってしまわないでくれよ。


 彼が次に起こされるのはいつなのか、誰も知らない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

この世界はラボラトリイ~世間からずれた感覚の後輩が幸せになって欲しい。 江戸川ばた散歩 @sanpo-edo

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ

参加中のコンテスト・自主企画