ただ、隣に住んでいる女の同僚と毎晩、ご飯を食べる話

作者 七野りく

1,332

464人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

よくある主人公が調理する系ではなく、調理もするし、外食もする、それに所々ちりばめられている四月一日の可愛さ、総評すると最高です。
調理中の描写も細かく、料理に詳しくなくても理解しやすいと思います。とにかく読んでいて腹が減りました。特にベーコンの話は自分の好物でもあるので食い入るように読んでしまいました。作るだけでなく、外食、飲酒の魅力や楽しさも伝わります。
これからの主人公たちの関係も気になりますし、どんな料理で魅せてくれるのかというところも気になります。
料理系が好きな方だけでなく恋愛ものが好きな方きもおすすめできる素晴らしい作品だと思いました。