仮想(ヴァーチャル)泥棒ゲーム

作者 葛西京介

91

33人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 鍵開けは趣味だが金庫の中にあるお宝や大金には興味がない変わり者の泥棒アーティー・ナイトは、ある夜、建物に忍び込んだところを警備員に見つかり射殺されてしまう。不思議な空間で目覚め、創造者と名乗る人物と出会ったアーティーは自分の命をかけた『泥棒ゲーム』に挑むことに。

 ゲームの参加者は仮想世界のどこかにあるお宝を盗み出す。制限時間は7日間。同じお宝を狙うライバルを出し抜き、7つのステージでお宝を手に入れてクリアすれば死の運命を覆せる。ただし連続で失敗すればあの世行き。

 舞台となる仮想世界は現実と見紛うリアリティだが、あくまでもゲーム。ターゲットのお宝には必ず隠された裏設定があり、創造者が用意したシナリオを紐解いて攻略のヒントやフラグを集めなければ獲得できないというのがミソだ。

 ステージ内を隅々まで調査し、NPCから噂を聞き込み、真相を解明していく物語は好奇心をかきたて、まさに謎解きミステリーのようだ。

 どんなときも飄々としたアーティーがピンチにも冷静に機転を利かせて切り抜けていくスリルもたまらない。海外ドラマやハリウッド映画が好きな人にオススメしたい。


(「注目の自主企画から選んだ作品」4選/文=愛咲優詩)

★★★ Excellent!!!

うまいことかけないので、いいところをいくつか箇条書きに。
・序盤から細かい鍵開けの描画など出てきますが言葉が丁寧で読みやすく頭に入りやすい。アメフトや宝石についてなどのうんちくも出てくるんですが、なんなんだろうな、押しつけがましさや嫌みもなく、とにかく読みやすい。
・一話一話がなかなかの分量あって読み応えがあり、しかもそれが毎日投稿される。
・登場人物たちが、ストーリーのため無理矢理な行動を取るような理不尽さがなく、イライラせず読める。
・魅力的なキャラクターたちが織りなす細かなエピソードが物語に深みを与えてくれる。
ぜんぜん魅力が伝えられない頭の悪いレビューですが、とにかく面白いので読んでみてください!
SFとかVRとかはあんまり気にせず読み始めたら良いと思います。