転生して帰って来た俺は 異世界で得た力を使って復讐する

作者 カイガ

239

95人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

どうも妙な違和感があるのは「正義vs悪」を示したからかも。
悪魔界が悪者で、女神界が善い者の扱いだが、やってることは
武力で相手勢力を絶滅させて自分側に太平の世を築くという目的で
互いに違いなんか無く、悪党同士の殺し合いにすぎない。
(30-2で)リリナも最後は友聖を想うよりも、押し付けによる
自己満足を満たす行為を認めて自己の欲のために行ったのだから
「自己愛vs自己愛」という戦いだったので、「正義vs悪」でなく
どこかで「悪vs悪」といった表記があればしっくりした。

Good!

ただただ復讐という名の殺戮するだけ
学生の頃の虐めが相当酷くてもここまで精神的に成長しない人っているのかな?
主人公何度か転生してるけど合計で50年くらいは生きてるのに精神年齢子供のままなんてある?

王女の下げて上げるサプライズ?とかも国王が魔王を倒し、世界を救った勇人に酷い仕打ちしてるの知っててそんなサプライズしないでしょ普通。

最新話まで読ませて貰ったけど正直、最初から最後まで胸糞悪い、不愉快な作品でした。

読みやすい文章だったので他の復讐系ではない作品に期待したいと思います。

★★★ Excellent!!!

過去にイジメを受けていた主人公が地獄の獄卒すら生ぬるい復讐鬼に身を落とします。
人間が思い付く限りの苦痛を与えていく様は作者が自殺してしまわないか心配になるほど具体的で過激で陰惨です。
映像化すればR-18指定どころではない人間の尊厳を破壊することに特化した外道の所業が勢ぞろいしております。
読んでいるうちに自分の心の底に沈めた仄暗い感情が目覚めるのを感じ、過去に起こった理不尽を思い出すと同時に殺意が芽生えてきます。
その殺意を主人公が自分の代わりに料理してくれ、味わうことができる作品です。
感動を味わうという言葉がありますが、私はこの作品で始めて殺意を味わうという経験をして驚いております。
これを見ている貴方も自分の心にある黒い部分をぜひ味わってみてください。

★★ Very Good!!

なぜなら。
お前はこういうのが読みたいんだろう? お前はこういうのが書きたいんだろう?
そんな問いかけを読み取ってしまったからです。この作者さんがそれを意識しておられるかどうかは別にして。
異世界モノの「自分も含めた作者と読者」に闇があることを認めていて、チープでフラットな残虐ざまぁにも抵抗がないかたにオススメ。
39読/70続にてレビュー。