永谷瞬 雑詠集

作者 永谷 瞬

59

20人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

四季折々に詠まれた俳句から香り立つ、濃密な和風情緒。ただ美しいだけではない、しみじみとした情景が目に浮かぶようです。京都のことが多く詠まれているのも、関西人としては嬉しいところ。

また、俳句を作るに至った背景・用語の説明・先生による手直しなど、創作過程を知ることができるのも良かったです。とても勉強になりました。

★★★ Excellent!!!

俳句になじみがない私でも読めるだろうかと
正直、最初は少しドキドキしました。

でも、読ませて頂くと感嘆の言葉しか出てきません。

俳句の中に物語がちゃんと集約されていて、
作者さんの日々が読み取れたりするんです。

この時はこんな風に思っていたのかな?とか
こちらまで思いを馳せてしまいます。

そして、作者さんの句に対して、
先生からの手直しも書かれているんですが、
そちらも目からウロコ!

一文字変えるだけで、
こんなにも言いたいことが明確になるんだ!
ニュアンスも変わるんだ!と。

手直しなし!の時は
心の中で拍手している私がいます。笑


俳句から読み取れる、作者さんの日々も
瑞々しくて素敵です。

俳句になじみの無い私のような方にも
是非読んでもらいたいです。

そして、感嘆の言葉と
手直しなしの時は一緒に拍手をしませんか?

★★★ Excellent!!!

俳句って、完成するまでに色々直しが入るんです。
……
噂では聞いていましたが、俳句のビフォアー、アフターが垣間見られます。

それに、俳句を作った時の作者の心情というか、感想というか、背景の語りも入っているので、「あー、そういう事ね」と心に納得!!!

これであなたも立派な、俳句スト(ハイキスト)!

★★★ Excellent!!!

作者様の俳句を集めた作品です。

見どころは、直す「前」と直す「後」の両方を載せてくださっているところ。

ほうほうなるほど、こういうふうになるのか。
ここをこういう理由で直したのか。

というのがわかってですね、短いのですがとても深いのですよ。

私も一句ひねりたい。
しかしそうは思っても、簡単には出てこないのです。

そもそも、今使える季語はなんだ? と考えるところからですからね……。
たった十七文字なのになんて難しいのでしょう……!

★★★ Excellent!!!

小説を書いていないはずの作者さまのレビューコメントは短くも美しく作品の良さを表現してくれてます。

その謎が解けるのかも知れません。

私自身は俳句も短歌も書けませんが、小説を書く上で参考になると感じています。

素敵な作品たちをどうぞご一緒に……