君を、思い、続ける。

作者 成井露丸

69

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

私の企画に参加して頂いていたので読ませていただきました。ありがとうございました。

青春ってこういうことなんでしょうね。一人の女の子を好きになって。勇気が出せず、想いを伝えられないままずるずると引きずって。そして、いつの間にか女の子に好きな人ができて。それを見守ることしかできない。この感覚は、大人になっても持っていたいものです。

★★★ Excellent!!!

恋愛に嘘はつきもの。
時として彼女の好きな自分を演じなければいけないし、言葉を選び、肯き、彼女の興味を引く自分でいなければなりません。

そうして繋がらなかったと時。

その時に人はようやくあれは恋だったのだと気づくことができます。

ただの片思いではなく、特殊な状況、友愛と恋愛の違いを現実との境界線で見事に表された作品でした。



★★★ Excellent!!!

なんか、それがいちばん印象に残りました。愛憎怨怒、ただそれだけでは続かず、きっと他のものを燃やしながら維持しているんだろうなあと。
若さ溢れる青春の時間を明るくも暗い感情の燃料として無理やり投じているような、誰しも味わったような切なさを思い出させるお話です。
ううッ(胸をおさえながら)。

★★★ Excellent!!!

主人公の心理描写がなかなか細やかだと思います。好きな人が別の男と付き合うなんて辛いですよね。でもただ辛いだけでなくその先のことも考えていて……うーん一途だなぁ。けどそれだけ切なさがあってやっぱり辛い。
人の想いって叶わないほど複雑で何とも言えぬものがあります。
落ち着いた語り口もこの物語をうまくまとめていると感じました。

★★★ Excellent!!!

切ないぃぃぃぃい!!
切ないです! 本当に切ない!

微妙な片思い、でも向こうは両想い。
そしてその直後に悲しいことが起こる。
答えは出ないというか、答えが出るまでには多分すごく時間がかかるはず。

でも、答えはいつか出る。かもしれない。出ない、いや、出したくないかもしれない。

読むのキッツイです、でもどこかにある。いっぱいある。友だちの誰かはこんな話を持っている。
切ないです。直視したくないくらい。